返回列表 新主題
本帖最後由 戀雪乂希 於 2011-4-22 23:03 編輯



灼眼の夏娜輕小說專區




2樓 出版日期及集目 傳送門
3樓.第1集中日文介紹 傳送門
4樓.第2集中日文介紹傳送門
5樓.第3集中日文介紹 傳送門
6樓.第4集中日文介紹 傳送門
7樓.第5集中日文介紹 傳送門
8樓.第6集中日文介紹 傳送門
9樓.第7集中日文介紹 傳送門
10樓.第8集中日文介紹 傳送門
11樓.第9集中日文介紹 傳送門
12樓.第10集中日文介紹 傳送門
13樓.第11集中日文介紹 傳送門
14樓.第12集中日文介紹 傳送門
15樓.第13集中日文介紹 傳送門
16樓.第14集中日文介紹 傳送門
17樓.第15集中日文介紹 傳送門
18樓.第16集中日文介紹 傳送門
19樓.第17集中日文介紹 傳送門
20樓.第18集中日文介紹 傳送門
21樓.第19集中日文介紹 傳送門
22樓.第20集中日文介紹 傳送門
23樓.第21集日文介紹 傳送門
27樓.第22集介紹 傳送門
24樓.第0集中日文介紹 傳送門
25樓.第S集中日文介紹 傳送門
26樓.第SII集中日文介紹 傳送門




[灼眼的夏娜 - 紅蓮短篇小說]
[灼眼的夏娜 - 華焰短篇小說]竹取公主夏娜




如本人未能立即更新請PM告知






本帖最後由 戀雪乂希 於 2011-4-9 12:46 編輯

????????????????????????????????????????????????
?              中文版          日文版   
?第1集 灼眼のシャナ               2005/07/15     2002年11月25日
?第2集 灼眼のシャナII            2005/11/04     2003年4月25日
?第3集 灼眼のシャナIII           2005/12/22     2003年7月25日
?第4集 灼眼のシャナIV            2006/02/14     2003年8月25日
?第5集 灼眼のシャナV             2006/04/28     2003年11月25日
?第6集 灼眼のシャナVI            2006/07/22     2004年2月25日
?第7集 灼眼のシャナVII           2006/09/20     2004年7月25日
?第8集 灼眼のシャナVIII          2006/12/29     2004年10月25日
?第9集 灼眼のシャナIX            2007/02/27     2005年2月25日
?第10集 灼眼のシャナX           2007/09/15     2005年9月25日
?第11集 灼眼のシャナXI         2008/04/16     2005年11月25日
?第12集 灼眼のシャナXII        2008/08/05     2006年2月25日
?第13集 灼眼のシャナXIII      2008/12/04     2006年9月25日
?第14集 灼眼のシャナXIV       2009/04/28     2007年2月25日
?第15集 灼眼のシャナXV        2009/07/31     2007年8月25日
?第16集 灼眼のシャナXVI       2009/08/27     2007年11月25日
?第17集 灼眼のシャナXVII     2009/11/18     2008年11月10日
?第18集 灼眼のシャナXVIII    2010/01/27     2009年2月10日
?第19集 灼眼のシャナXIX      2010/04/23     2009年9月10日
?第20集 灼眼のシャナXX       2010/10/21     2010年4月10日
?第21集 灼眼のシャナXXI      xxxx/xx/xx     2010年11月10日
?第22集 灼眼のシャナXXII     xxxx/xx/xx     xxxx年xx月xx日
?短篇集 灼眼のシャナ0          2007/06/05     2005年6月25日
?短篇集 灼眼のシャナS          2008/09/22     2006年6月25日
?短篇集 灼眼のシャナSII       2009/10/24     2008年6月25日
???????????????????????????????????????????????

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:50 編輯

第1集

坂井悠二は当然のように自分の日常に暮らしていた。
しかしその日、悠二の日常は、あまりに呆気なく燃え落ちる。
赤い夕焼けの中、謎の化け物に襲われたのだ。
逃げることもわすれ呆然と立ちすくむ悠二を救ったのは、紅い髪と瞳をもつ謎の少女だった。
そして――その少女は、悠二にこう告げた。
「おまえはもう【存在】していないのよ」と。 人の“存在”を灯(あか)りに変え、それを吸い取るという“紅世の徒”。
その“王”である“狩人”フリアグネが、少女と悠二を襲う――!
悠二と紅い少女の、はじまりの物語。

新學期剛開始,高中生.坂井悠二一如往常過著〝日常〝生活。然而有一天,他冷不防遭遇〝異常〝的侵襲。受到一名能夠把人的存在化為靈火,並吸取靈火的神秘男子法利亞格尼的攻擊。  
悠二的〝日常〝生活因此整個脫節,然而就在同一時間,一名少女出現在他面前。少女為了保護悠二不被法利亞格尼襲擊,開始與悠二一同生活。悠二滿懷感激向少女道謝,不料少女卻如此低喃:「你已經『不存在』了。」  
我已經死了!?存在喪失者.悠二為何還能夠思索、思考……!?  
奇才.高橋彌七郎將呈獻給各位讀者,一段不可思議的校園故事!

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:50 編輯

第2集

僕は、『すでに存在亡きもの』だった――。
坂井悠二は自分の存在の消失を知り絶望するが、その内に秘める宝具の能力で、 自身の“存在”を保っていた。
御崎高校に通い、クラスメイトの池速人と世間話をし、吉田一美と美術館に遊び に行き……ごく平凡な高校生のごく普段通りの生活をする。
悠二を護る灼眼の少女・シャナ。彼女は、そんな悠二のそばで生活するうちに、 無性に苛立つ感情を覚える。それは、シャナ自身のなかでうまく理解できないものだった。
――二人の間には、いつしか心の隔たりができていた。
そして、すれ違う二人の前に、もう一人のフレイムヘイズがやってくる……。
美しき戦闘狂、『弔詞(ちょうし)の詠(よ)み手』マージョリー・ドー登場!

『存在喪失者』悠二在得知自己的存在已經消失而感到絕望,然而藉由隱藏在體內的寶具『零時迷子』的能力,讓他得以勉為其難的過著正常人的生活。
  
負責保護悠二的灼眼少女.夏娜想以她自己的方式為悠二打氣,可惜一再弄巧成拙。
 
於是兩人之間不知不覺出現了心結,產生了摩擦。此時,似乎有所呼應一般,另一名火霧戰士現身了……。
鬼才.高橋彌七郎力作,全新系列第2集!!

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:50 編輯

第3集

「――ゆかりちゃんは、ずるいよ」
吉田一美は、ついに対峙する。 最強の恋敵と。
「……なにが」
シャナは、初めて気づく。 この感情の正体に。 そのとき、彼女らを意図せず惑わす張本人・坂井悠二は、突然空を覆った不気味な影の存在に気づいた。
それはまさに、“紅世の徒”が放つ『揺りかごの園(クレイドル・ガーデン)』の妖しい封絶の片鱗だった。
シャナ、吉田一美、坂井悠二、そして“紅世の徒”。 それぞれの想いを秘め、闘いの幕が開く。
“紅世の徒”である、“愛染自”ソラト、“愛染他”ティリエルの目的とは……!?

「──小緣,妳好狡猾。」吉田一美終於跟最強大的情敵正面對峙。
「……什麼意思?」夏娜頭一次,明白這個感情究竟是什麼。
另一方面,無意之間擾亂她們心緒的始作俑者.悠二冷不防察覺到籠罩著整片天空,一個令人毛骨悚然的陰影。這正是「紅世使徒」所釋放出來的,名為『搖籃花園』的詭異封絕的一部分。
夏娜、吉田一美、悠二、以及「紅世使徒」。各自懷著不同的心思,揭開戰鬥的序幕。
奇才.高橋彌七郎,校園故事鉅作第三集!

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:50 編輯

第4集

「にえとののしゃな、だ!」
特殊な封絶『揺りかごの園(クレイドル・ガーデン)』から現れたソラトとティリエル。
彼らは、シャナが持つ“贄殿遮那(にえとののしゃな)”を狙って、御崎市にやってきた。
町全体に不気味な薔薇(ばら)の自在法が展開するなか、シャナは敵を返り討たんと、妖しく輝く山吹色の空へと飛翔した。
それは、この戦いのあとに待つ、吉田一美との決着を付けるためでもあった。
彼女は叫ぶ。
「すぐに聞かせてやる! わたしの気持ちを!」

「悠二,你是我的……什麼?」
由特殊封絕『搖籃花園』現身的蘇拉特與蒂麗亞,他們兩人是覬覦夏娜持有的「贄殿遮那」而來的「紅世使徒」。
夏娜為了殲滅眼前的敵人,躍向閃耀著詭異金黃色的天空。同時也是為了與吉田一美分出勝負。她大喊:
「我馬上就讓妳明白!我的心情!」
奇才.高橋彌七郎力作,高潮迭起的第4集!!

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:50 編輯

第5集

「決めた。 私は絶対フレイムヘイズになる」
アラストール、ヴィルヘルミナ、謎の白骨。 彼らは外界と隔離された宮殿に、一人の少女とともに暮らしていた。
その未熟な少女はまだ名前を持っていなかったが、いずれフレイムヘイズ『炎髪灼眼の討ち手』となるべきものだった。
そして、その時はすぐそこまで――。
“紅世の徒”の襲来が引き金となり、史上最悪のミステス“天目一個”まで呼び込んだ戦場を舞台にして、少女は運命の“契約”を迎える。
巻末に、絵師・いとうのいぢのあとがきイラスト&ラフスケッチ集も収録した、 『灼眼のシャナ』誕生秘話!

「決定了!我一定要成為火霧戰士!」
 
亞拉斯特爾、威爾艾米娜、神秘白骨。他們跟一名少女共同生活在與外界隔離的宮殿。那位稚嫩的少女尚未擁有名字,卻是日後成為火霧戰士「炎髮灼眼的殺手」的最佳人選。而且,這個時刻即將來臨。
導火線是「紅世使徒」的攻擊,甚至有史以來最為駭人聽聞的密斯提斯「天目一個」也牽扯進來的戰場做為舞台,少女面臨決定命運的「合約」。

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:49 編輯

第6集

人との交わりを知らずに生きてきたシャナ。 彼女は、一人の少年と出会い、今までにはない不思議な感情を覚えた。
人との交わりに自信が持てない吉田一美。 彼女は、一人の少年と出会い、心にちいさな安らぎを覚えた。
二人の想いが交錯する中、少年・坂井悠二は、何を思うのか――?
「調律師」と呼ばれるフレイムヘイズと“教授”と呼ばれる“紅世の王”。
彼らが悠二の前に現れるとき、すべてが動き出す――!

夏娜一直不懂如何與人接觸,她在遇見一名少年之後,滋生了從未有過的奇妙情感。
吉田一美向來不擅與人交際,她在遇見一名少年之後,內心開始感到些許輕鬆自在。
兩人的心思交錯之中,少年.悠二有什麼想法呢--?
當人稱「調音師」的火霧戰士出現在三人面前之際,一切開始運轉。
奇才.高橋彌七郎所呈獻的校園故事!

作者簡介:

高橋彌七郎
不管怎麼說都是大阪人。生活小常識之3,就算身為作者,收到周邊產品的時間跟讀者幾乎一樣-。不僅如此,要是沒有催促甚至會被遺忘-。接下來,「那邊」也要努力去做,再稍等一下哦-。

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:49 編輯

第7集

坂井悠二はすでに死んでいた――。
傷だらけの少年・カムシンから借りた片眼鏡(モノクル)によって、吉田一美の夢描いた未来は消え、信じていた世界は壊された。
吉田は絶望して、悠二から逃げ出した。不気味な花火が打ち上がるミサゴ祭りの喧噪の中、彼女はあてもなく走り続ける……。
不気味な花火――。
それは、“紅世の王”たる“教授”とその“燐子(りんね)”ドミノが企てた“実験”の片鱗だった。
“実験”により発生した、人を惑わす奇妙な波動が御崎市を襲う。
その時。シャナは、悠二は、吉田一美は――!

悠二已經死了--
藉由從遍體鱗傷的少年.卡姆辛借來的單邊眼鏡,吉田一美所夢想的未來整個幻滅,所相信的世界毀壞殆盡。絕望的吉田從悠二身邊逃離。在施放詭異煙火的魚鷹節慶典活動的喧囂之中,她漫無目的持續奔跑著……
詭異的煙火--正是身為「紅世魔王」的「教授」與其「燐子」多米諾所進行的「實驗」其中一部分,「實驗」當中所產生的蠱惑人心的怪異波動開始侵襲御崎市。這個時候的夏娜、悠二、吉田一美會做何反應--!
奇才.高橋彌七郎竭盡全力所呈獻的校園故事第7彈!

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:49 編輯

第8集

女子高生に戻ったシャナは、悠二と共に再び“日常”を暮らし始める。しかし、彼への抑えきれない『どうしようもない気持ち』を身の内に孕んだままの彼女は、揺れ動く感情に支配される自分自身に戸惑いを隠せなかった。
そして、シャナと悠二の前に新たな敵が立ちふさがる。
――立ちふさがるもの。それは「期末試験」という“日常”だった。
緒方真竹が提案した『みんなで一緒にお勉強会』の行方は果たして……!

教授與多米諾進行的「實驗」,因為夏娜等人的阻撓而宣告失敗。恢復成高中女生的夏娜,與悠二再次過著「日常」生活。然而,她的內心對他抱著一股「無法克制的心情」,遲遲無法壓抑,面對受到動盪的情感所影響的自己,一直難掩內心的困惑。
此外,夏娜與悠二再次面臨全新的敵人--阻擋在眼前的,正是稱之為「期末考」這個「日常」生活會面對的考驗。緒方真竹提議「大家一起來開讀書會」,究竟會有什麼發展……!

奇才.高橋彌七郎殫精竭慮呈獻給各位的校園故事第8彈!

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:49 編輯

第9集

――“ミステス”を破壊するのであります。
突然現れたヴィルヘルミナは、冷酷に告げた。
――破壊なんて……させない!
シャナは凍りつき、そして拒絶する。
強い絆で結ばれたはずの二人が、“ミステス”悠二を巡り対峙した。
シャナが“一個のフレイムヘイズ”と“一人の少女”の間で葛藤するなか、ヴィルヘルミナは無情の悠二破壊を敢行する――! 
激動の第IX巻!

--正是破壞「密斯提斯」是也。威爾艾米娜突然現身,冷酷的告知這個事實。--不能讓他……遭到破壞!夏娜錯愕不已,然後表示拒絕。原本密不可分的兩人為了「密斯提斯」悠二而產生對峙。正當夏娜處在「一名火霧戰士」與「一名少女」之間而掙扎不已時,威爾艾米娜卻斷然無情的採取破壞悠二的行動--!
動盪不安的第9集!

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:52 編輯

第10集

時は十六世紀初頭。
所は神聖ローマ帝国。一つの大きな戦があった。
決して人の史書に表れることのない、“紅世の徒”とフレイムヘイズによる、秘された戦い。
それは、のちに“大戦”と呼ばれる、もうひとりの『炎髪灼眼の討ち手』の戦いでもあった……。

暗夜之中,交纏著劇烈的異變。
時間正值十六世紀初葉,地點是神聖羅馬帝國。發生了一場大戰。
人類的史書從來不曾記載的,「紅世使徒」與火霧戰士之間的地下戰爭。
在這場戰爭的核心,有一名長髮與雙眸蘊藏著熾紅光芒的女子。那絢爛的華麗若要稱為嫻靜淑女,給人的印象太過強悍激烈;若要稱為女中豪傑,言行舉止又太過端莊高雅。
──這是另一位「炎髮灼眼的殺手」的故事。
書末收錄いとうのいぢ大篇幅的鉛筆草圖集。高橋彌七郎竭盡全力所呈獻的第10集!

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:53 編輯

第11集

坂井悠二の許に“日常”が帰ってきた。
御崎高校には学園祭の季節が訪れ、クラスメイトたちは期待を胸に抱き日々を過ごしていた。
シャナも、その“日常の中の非日常”を楽しもうとするが、吉田一美と仲良くする悠二を見て、どうしようもなく気持ちが不安定になるのだった。
この気持ちはいったい何なのか……彼女の心中で再び葛藤がはじまる。
そしてシャナは、身体全体で感じて、理解するのだった。
“好き”の本当の意味を──。
奇才・高橋弥七郎が放つ、渾身の学園ストーリー!

「日常生活」回到了坂井悠二的身邊。御崎高中即將進入校慶的季節,所有同班同學內心均滿懷期待的度過每一天。夏娜也打算好好享受「日常之中的非日常生活」,但是在看到悠二與吉田一美相處融洽,心情無法克制的變得起伏不定。這種感覺到底是什麼……?當夏娜的心中再次產生掙扎之際,她終於找到了答案。以全身去感受,才終於了解。「喜歡」真正的含意--奇才高橋彌七郎傾全力為各位呈獻的校園故事!

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:54 編輯

第12集

“日常の中の非日常”──御崎高校では、年に一度の学園祭『清秋祭』が開かれていた。
「悠二!!」
  その一日目、最大のイベント『ベスト仮装賞』発表の舞台上。
「私、悠二が──」
  シャナは、自分の『どうしようもない気持ち』を、一人の少年へ向けて伝えようとして──
 一陣の風によって防がれた。
(あった)
  遠くから、一人の“紅世(ぐぜ)の王”が、
(もう二度と、離さない)
  遂に捉えた愛しい人の許へと飛ぶ。
(待ってて、ヨーハン)
  その風の色は琥珀。“約束の二人(エンゲージ・リンク)”の片割れ、“彩飄(さいひょう)”フィレス顕現の証だった──!

  カラー口絵増ページでおくる、渾身の一冊!

「日常之中的非日常」——御崎高中適逢一年一度的校慶「清秋祭」。「悠二!!」第一天最重要的活動「最佳變裝表演獎」,公布得獎名單的舞台之上。「悠二,我——」夏娜想要將自己的「無法克制的心情」傳達給一名少年——  結果遭到一陣風的阻攔。(找到了!)位於遠處的一名「紅世魔王」……(再也不會放開!)朝著好不容易才找到的愛人直奔而去。(等著我,約翰!)風的顏色是琥珀色。這正是「約定的兩人」其中一方,「彩飄」費蕾絲顯現的象徵——!

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:54 編輯

第13集

誰もが望み、楽しんでいた御崎高校の学園祭「清秋祭」開催中。坂井悠二は、『零時迷子』本来の所有者である紅世の王“彩飄(さいひょう)”フィレスの襲撃を受けた。
  生命の危機に直面したその瞬間――悠二の身の内から謎の腕が出現する。“銀”の炎を纏(まと)いながら、なにかを欲するように蠢(うごめ)く、異様な腕だった。
  それを見たシャナは、紅蓮の炎を噴き上げ、一心不乱に悠二の許へと向かう。
  やがて事態は、“銀”に支配されつつある悠二を巡り、さらなる変化を起こす。それは、あの“徒”が顕現する予兆……!
 
  カラー口絵12ページで贈る、高橋弥七郎渾身の学園ストーリー!

眾人引頸期盼,並且樂在其中的御崎高中校慶「清秋祭」舉辦當天,坂井悠二遭遇「零時迷子」原來的擁有人,也就是「紅世魔王」「彩飄」費蕾絲的攻擊。面臨存亡關頭的這一瞬間--悠二的體內冒出一隻手臂。纏繞著「銀色」火焰,看似在尋找什麼一般不停蠢動的詭異手臂。夏娜見狀,隨即噴射出熾紅火焰,一心一意朝著悠二飛去。整個事件圍繞著逐漸受到「銀」所支配的悠二,開始產生更大的變化。這就是那名「使徒」顯現的徵兆……!  附贈12張刊頭彩頁,高橋彌七郎全力呈獻的校園故事第13集!

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:55 編輯

第14集

 クリスマスを迎えた御崎市。
街明かりを返す雲厚い夜空、人々の気配に満ちた街の喧騒があたりを包む中、坂井悠二は一人、立っていた。そこは御崎市駅北の『イルミネーションフェスタ』会場へ向かう大通りであり、二人の少女が待つ場所へと向かう岐路でもあった。
  自分の許に想い人が来ることを願う彼女らのために、少年は決断せねばならない。
“非日常”――フレイムヘイズであるシャナか、“日常”――クラスメイトの吉田一美か。
  悠二は考える。そして、改めて、選ぶ。
  一人の少女を。
  クライマックス最高潮で贈る渾身の学園とストーリー!

御崎市即將迎接耶誕節的到來。反射著街燈、布滿厚重雲層的夜空,坂井悠二獨自佇立在人聲鼎沸、熙來攘往的喧囂之中。這裡是通往御崎市車站北面的「花燈展覽」會場的大馬路,也是前往兩名少女等候之場所的岔路。為了這兩名祈求著暗戀之人能夠來到自己身邊的少女,少年必須做出決斷。是「非日常生活」--身為火霧戰士的夏娜?還是「日常生活」--同班同學吉田一美?悠二思索著。然後,再次做出選擇。選擇一名少女。

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:56 編輯

第15集

  西暦1901年──二十世紀最初の年。
  紺碧の海で囲まれた街に、二人のフレイムヘイズが訪れた。
  サーレ・ハビヒツブルグ。ひょろんとした体格の男で、燦々(さんさん)と輝く太陽には全く見合わない、旅塵塗(りょじんまみ)れの異装だった。
  キアラ・トスカナ。二つに纏(まと)めたブラウンの髪を肩から前に垂らす、年の頃は十五、六の少女。頑丈な旅拵(たびごしら)えである点が男と同じ、小さくも真っ直ぐに立つ姿が男とは逆だった。
  彼らの目的は、何者かに破壊された『外界宿(アウトロー)』の調査。平穏な街を舞台に、犯人の捜索を開始する二人だったが、この事件の陰には『実験』に勤(いそ)しむ“教授”と呼ばれる“紅世の王”の姿が在った……。
  “教授”とサーレ、因縁の二人によるエピソードが描かれる『シャナ』最新刊登場!

西元1901年——進入二十世紀的第一年。  
兩名火霧戰士造訪了蔚藍海洋環繞的城市。
薩雷.哈布斯堡,一個體格削廋的男子,穿著一身風塵僕僕的奇裝異服的他,與燦爛耀眼的太陽完全格格不入。
琪雅拉.托斯卡納,褐色長髮綁成兩束垂在肩前,年約十五、六歲的少女。與男子同樣,是一身紮實的旅行裝束,然而身材嬌小卻抬頭挺胸的模樣則跟男子相反。
他們來此調查遭到某人破壞的「外界宿」。兩人以平靜的城市做為舞台開始搜索犯人,不過這個事件的幕後,牽扯到了一位熱衷於「實驗」,人稱「教授」的「紅世魔王」……
本書將描述「教授」與薩雷——關係匪淺的兩人之間的插曲!

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:56 編輯

第16集

  クリスマス。一人の少年が消えた。
  根源たる“存在の力”を失い、いなかったことになった。
ゆえに、その欠落は誰にも気付かれず、忘れ去られた。消滅してしまったモノは、二度と戻ってこなかった。
  そうと知ってなお、シャナと吉田一美は、彼の生存を信じ続ける。喧騒が戻った御崎市の片隅で──。
  場所は変わり、人知れず浮遊する移動城砦『星黎殿』内部。
  一人の少年が空(から)であった玉座に着いた。鎧った凱甲、靡く衣、その全てが緋色で、頭の後ろから漆黒の竜尾が伸びている。周りに控える“紅世の徒”らから「盟主」と呼ばれた少年は、一同を睥睨し、そして命を下した。
「盟主」たる少年が、御崎市で待つ彼女たちの許に戻ることは、無かった。
  古(いにしえ)の王“祭礼の蛇”を奉迎した[仮装舞踏会(バル・マス
ケ)]は、「大命」へと静かに動き出す。

平安夜。有一名少年消失了。
喪失了相當於根源的「存在之力」,變成從來不曾存在過。因此,沒有人察覺到他的消失,也被遺忘得一乾二淨。已經消滅的事物就永遠不會再回來。
明知如此,夏娜跟吉田一美仍然堅信他還活著,就在恢復喧鬧的御崎市一隅──
地點來到秘密飄浮在天空的移動堡壘「星黎殿」內部。
一名少年坐在原本空無一人的王座。包覆全身的鎧甲與飛揚的長袍全是緋紅色,腦後的髮尾是一條漆黑的龍尾。隨侍一旁的「紅世使徒」尊稱為「盟主」的少年睥睨著眾人,發號施令。
身為「盟主」的少年沒有回到在御崎市等待的她們身邊。
〔化蛬R會〕在恭迎古代「魔王」「祭禮之蛇」之後,開始悄悄的朝著「大命」邁進。!

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:57 編輯

第17集

[仮装舞踏会(バル・マスケ)]の盟主・“蛇”との戦いに敗れ、シャナは『星黎殿』に幽閉された。
  炎髪も灼眼も、今は紅蓮の煌きを失い、大太刀『贄殿遮那』は取り上げられた。自在の黒衣『夜笠』を身に纏うこともできない。なにより、魔神“天壌の劫火”アラストールの意思を
表出させる神器“コキュートス”すら奪われている。
  ベルペオルの宝具『タルタロス』によってその異能を封じられたシャナには、抗(あらが)うすべは残されていなかった。

  ──命を狙う存在がすぐそこまで迫っていたとしても。

  星空を背に、その“紅世の王”は現れた。不意をつかれたシャナの見据える前で、“紅世の王”は抹殺の意思を呟く。
「おまえは――要らない」と。  

與〔化蛬R會〕的盟主「蛇」交戰失敗,夏娜被軟禁在「星黎殿」。  
炎髮與灼眼失去了原有的熾紅光芒,甚至連亞拉斯特爾表達一己意志的神器「克庫特斯」也遭到剝奪。
受到貝露佩歐露的寶具「地獄鎖鏈」封印了特異能力的夏娜,毫無抵抗的餘地。
--即使覬覦她性命之人不斷逼近眼前。
那位「紅世魔王」背負著星空現身。夏娜遭遇出其不意的攻擊,於是定睛凝視前方,只見該名「紅世魔王」低喃著抹殺的意圖:
「妳--沒有用處。」
高橋彌七郎傾全力製作的正篇故事,最新一集登場!

TOP

本帖最後由 神之希 於 2010-10-27 20:58 編輯

第18集

“紅世の徒”最大級の組織[仮装舞踏会]の盟主となった“祭礼の蛇”坂井悠二。彼はベルペオルら『三柱臣』と共に、『大命』成就のため『久遠の陥穽』に旅立った。

  一方、残された[仮装舞踏会]の軍勢は、フレイムヘイズの拠点・外界宿へ一大攻勢をかける。その動きを受け、ゾフィーは、何処かに潜む移動要塞『星黎殿』陥落を目指し、再び『フレイムヘイズ兵団』を結成する。独断専行するヴィルヘルミナは、カムシン、レベッカと共に『炎髪灼眼奪還計画』を発動、シャナ救出のため『星黎殿』に乗り込むのだった。

  そして、その二大勢力の戦火は、シャナにも及んだ。『星黎殿』攻防戦の余波を受け、重傷を負った彼女を待ち受ける危機的状況とは……。

「祭禮之蛇」坂井悠二成為規模最大的「紅世使徒」組織〔化蛬R會〕的盟主。為了完成「大命」,他與包括貝露佩歐露在內的「三柱臣」一同啟程前往「久遠的陷阱」。
另一方面,留在根據地的〔化蛬R會〕的軍隊也即將朝著火霧戰士的據點.外界宿發動大規模攻擊。面對敵人的行動,蘇菲再次集結「火霧戰士兵團」,目標在於攻陷潛藏在某處的移動要塞「星黎殿」。單獨行動的威爾艾米娜與卡姆辛跟蕾貝卡一起發動「炎髮灼眼搶奪計畫」,闖入「星黎殿」準備救出夏娜。
於是,兩大勢力的戰火也延燒到了遭到軟禁的夏娜身上。受到「星黎殿」攻防戰的波及,身負重傷的她究竟會面臨什麼樣的危機狀況……

TOP

返回列表