返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com/f?kz=324456632

04.空想白夜
Vocal:Mitsuki
Voices:沢城みゆき、佐々木加奈
Lyrics:少女病
Compose & Arrange:ピクセルビー

降り続くeternal snow 冬に闭ざされた都市(まち)
静谧なeternal white 空に一番近い场所

『この都市(まち)の少年达は季节の移ろいを知らない』
「この都市(まち)の少女达は甘美な微风を知らない」
『まるで呪いのように降り続く雪の音は春死音』
「荘厳にして凄怆なる深远の调べ」
『白夜を越えていく、ふたつの影』
「悠久を越えていく、ひとつの魂」

キミが忧うのは 翳りゆく虹彩
指先まで冻りそうな 灰白のlateau
キミに似合うのは 雪解けの待雪草(Snowdrop)
鲜やかに光る草の叶 抜けるように青空

雪に涂れて青ざめた いとおしいユリシア
いつまでも、离さない

上手く笑えなくなってしまった仆らは
灰暗(ほのぐら)い冬に包まれ
白夜の向こう、彼方强く见据れた
黎明の钟が鸣り止むまで

あの高台から 両手を広げて
瞬く星に手を伸ばしてみたら
比喩や夸张なんかじゃなくて ほら
掴めそうさ

不意に空虚になってしまった言叶は
永劫の冬を缠って
白夜の向こう、钟の音に掻き消えた
咲かぬまま朽ちる花のように

雪に涂れて心まで いつか埋まれそうで
逃げるように、走り出す

上手く笑えなくなってしまった仆らは
灰暗(ほのぐら)い冬を抜け出し
白夜の向こう、遥か远く目指した
不确かな空想(ゆめ)を敷衍して

『空想白夜』  


++++++++++++++++++++++++

04 空想白夜

不断飘落的eternal snow 被冬季囚禁的都市
静谧的eternal white 离天空最近的地方

『这个都市的少年们不懂得季节的变换』
「这个都市的少女们不知晓甘美的微风」
『宛若诅咒般不断飘落的雪的声音是春死之音』
「庄严凄惨且深远的旋律」
『越过白夜的,两个身影』
「越过悠久的 ,一个灵魂」

你所忧愁的是 逐渐灰翳的虹彩
几乎令指尖冻僵的 灰白的Plateau
你所适合的是 化雪之时的待雪草(Snowdrop)
鲜艳闪耀的草叶 晴朗无云的天空

沾染着雪花 苍白可人的ユリシア
永远 都不会放手

忘记了微笑的我们
被灰暗的冬天包围
直到白夜的那边,在彼岸守望的
黎明之钟停止鸣响

站在那高台上 张开双手
伸向闪烁的星辰
不是比喻夸张之类 你看
好像真的可以触摸到

忽然变得空虚的言语
缠绕着永远的冬天
宛如被白夜那边的钟音抹消的
不曾开放便枯萎的花朵般

连被雪沾染的内心 仿佛也要被埋没
逃走般的奔跑着

忘记了微笑的我们
逃出了灰暗的冬天
向着白夜的那边
怀着遥远的不确定的空想

『空想白夜』



返回列表