返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com/f?kz=324456632

白亜の槛
Vocal:Mitsuki
Voices:沢城みゆき、佐々木加奈
Lyrics:少女病
Compose & Arrange:ピクセルビー

月に辉く白亜の壁は 全てを拒むように高く
祈りひとつも通さぬほど整然と街を囲む
少年は壁に耳を当て 外界(そと)の世界を想う
果てなく広い草原 煌びやかな水音
笑颜の绝えない家族 优しかった兄の横颜
けれどその记忆は古びた絵本のように远く……
梦のようにおぼろげで不确かなものだ
少年少女达(こども)はこの街に幽闭されていた

「ここから外へ出ることは决して叶わない。
日々同じ时刻に届けられる食事は、
たったひとつだけある街の入り口から
白装束の大人たちが运び込む。
无言の彼らは淡々と、その作业に彻していた」

仆らは受け入れている 外の世界の风は
死の病に侵されているから
感染していない仆らは、この地で守られているんだ

隔离された仆らは、この场所からはじまっていく
约束の地に残された
选ばれし存在
七色の硝子箱 両亲にもらった宝物
抱きしめて生きてゆこう
それが运命(さだめ)ならば

「隠蔽された真実。踏み込んではならない禁忌。
聡い少年はやがて気づいてしまう。
病んでいるのは世界ではなく。
……壁の中にいる少年少女达(こども)自身だということを」
『约束の地なんて、どこにもないのだから……』

选民という幻想 世界から遗弃される
真実いつだって残酷で
仆らは舍てられたのだろう この白亜の槛の中に

行き场のない苛立ち 大人たちの白装束は
仆らのためなんかじゃなく
彼らを守るもの
冲动に任せて 彼らの仮面を剥ぐ
その下にあったのは
涙に目を肿らした、母亲の姿だった……

舍てられたわけじゃなかったんだ
ずっと傍にいてくれた
大人たちは皆少年少女达(こども)の家族で
死に向こう仆らを见守ってくれてた

近くて远い距离 手の届く场所にいるのに
触れることは许されない
これは运命(さだめ)だから
けれど母亲は仆の、流れる涙を拭って
踌躇わずに抱きしめた
ずっと离さぬよう……

「病に冒された子を抱く母亲の目はとても穏やかだった。
少年は懐かしい匂いのする胸の中で眠る。
母亲と触れ合ってしまっているという事実に绝望するのは、あと何秒后だろう?
呜呼、この瞬间にも、母亲にまで死の病が……」

『どうせ世界は终わるのに……』



+++++++++++++++++++++++++++++++++


白亚之笼

月下明亮的白土之墙 高耸宛如拒绝一切
整齐的保卫着城市 不放掉一丝的祈祷
少年将耳朵紧贴墙壁 思念外面的世界
无尽广阔的草原 潺潺的流水声
满颜欢笑的家人 温柔兄长的侧脸
但是那些记忆宛若古旧的画册般遥远……
虚幻如梦的不确定之物
少年少女们被幽闭在这个城市

“进了这里就绝对出不去了。
每天同一时刻送来的食物,
从城市唯一的入口
由一身白衣的大人运送。
沉默的他们只是淡然地,贯彻着这个工作”

我们被这里接受 外界的风
已被死亡的病毒侵蚀
没有感染的我们,由这片土地守护着

被隔离的我们,从这里重新开始
在约定之地留下的
被选择的存在
七色的玻璃盒 双亲给与的宝物
抱着它活下去吧
如果这就是命运

“被遮盖的真实。不得踏入的禁忌。
聪明的少年逐渐发觉了。
病变的并不是世界。
……而是在墙壁中的少年少女们(孩子)自身”
『约定之地什么的,在哪里都不会存在……』

幻想是被选终之民 被世界遗弃
真实总是如此残酷
我们是被丢弃的吧 丢在这白亚之笼中

无处可去的愤怒 大人们的白衣
并不是为了我们
是为了保护他们
冲动下 剥掉了他们的假面
在那之下的是
哭红了双眼的 母亲的面容……

并不是被丢弃了呢
一直都在我的身边
大人们都是少年少女的家人
守护着走向死亡的我们

近在咫尺却又如此遥远的距离
明明就在伸手可及之处 却不能触摸
因为这就是命运
但是我的母亲,擦干流下的眼泪
毫不犹豫地抱紧了我
永远不放手……

“拥抱感染疾病的孩子 母亲的双目安稳平和。
少年在有着令人怀念气息的怀中沉睡。
因与母亲接触这个事实而绝望,是几秒以后的事情呢?
啊啊,这个瞬间,母亲也感染了致死的疾病……”


『反正世界要终结了……』



返回列表