返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com/f?kz=695403635

孤独の果ての物语

『少女を取り巻く状况が一変したのは
父亲の正妻と、その娘が惨杀されているのが発见されてからのこと
犯人の痕迹はなく、后継ぎの期待は少女に寄せられた
父亲は、生涯初めてその存在に気付いたかのように
目を细め、少女に笑いかけた』

廻る汚れた祈りは霞み
今もとめどない光探して

『间断なく与えられる爱情
谁からも虐げられることなく、路傍の欠片のように扱われることもない
これも、神が与えし奇迹なのだろうか…?』

「もう一人の自分なんて、もう、いらない」

一つ叶えば次をも愿い
二つ叶えば更にと求めた

ああ
君はさざめき谣うように
祝福に揺れる木漏れ日

神様はいたんだとはしゃぐ少女
それを批判する少女

最后の回答は眠りの奥
やさしい终焉は梦の彼方へと远く消えて

「知ってる?
梦の中で死ぬと神様に逢えるっていう伝承…」
『试してみようよ。
存在するのか、それともしないのか。』

『少女は歌うようにささやいた
ほおをなでるように柔らかな风が吹く丘で静かに横たわり
安心しきったようにゆっくりと闭ざされる瞳
神様に会って、梦から覚めるまでお礼を言うのだとほほえんで』

ねぇ
私だけはずっと爱して

「孤独の果てはもう见てきたよ
すべての感情が排除される悲しい场所
もうあそこには、戻らない」

廻る汚れた祈りは霞み
未だとめどない光探して

ああ
眠る   少女は疑いもせず
梦の中静かに沈んだ

そんなお伽话なんて本当は
存在しないというのに

孤独な绝望は分け合えても
幸福の共有はできないのか

最后の回答は眠りの奥
やさしい终焉は梦の彼方へと远く消えた

『梦の中で一つの魂は失われていった
翌朝、少女が目を覚ました时には
あんなに傍にあったもう一つの意识はどこにも感じられない
一つの器に住まうカフェラテのただ唯一の杀し方』

「ね?神様なんか、いなかったでしょう?」

『残酷に笑う少女は
ラスティか、それともリスティか
あるいは
もはや、そのどちらでもないのか』

『突然改变少女周遭状况的是
被发现父亲的正妻和其女儿被惨杀的这一事件。
犯人并未留下蛛丝马迹,继承人的候选被寄托于少女身上
这可能是父亲有生以来第一次觉察到少女的存在
眯起双眼,少女笑了』

旋转着的肮脏的祈愿已变的朦胧
如今还在永无止境的寻找那光明

『无间断被施与的爱情
谁都不能来践踏,也不会像路边碎片般对待
这也是,神所赐予的奇迹吗……?』

「另一个自己什么的,已经,不需要了」

愿望实现一次的话就会祈祷下一次
愿望实现两次的话就会所求更加多

呜呼
如同你喧闹地歌唱
从祝福缝隙中摇曳射入的阳光

信奉着神之所在的欢闹的少女
批判其真实性的少女

最后的回答在沉眠的尽头
温柔的终结向着梦境的彼方远去消散

「知道吗?
代代相传着只要在睡梦中死去的话就能见到神明…」
『那就试试看吧。
真的存在吗,还是并不存在呢。』

『少女如同歌唱般轻声细语着
轻柔的微风如同抚摸面颊般静悄悄的吹拂过山丘
安下心来慢慢地闭上双眼
见到神明,直到从梦中醒来都要有礼貌的回话这样微笑着想着



只有我一直在爱着

「已经看到了那孤独的尽头了哟
排除一切感情的悲伤的地方
已经回不到那里了」

旋转着的肮脏的祈愿已变的朦胧
还未曾永无止境的寻找过那光明

呜呼
沉眠着的少女并未发出疑问
在梦境中静静沉溺着

那个童话事实上
明明是不存在的

即使互相分摊孤独绝望
也无法做到幸福共有吗

最后的回答在沉眠的尽头
温柔的终结向着梦境的彼方远去消散

『在梦中丧失了其中一个灵魂
第二天清晨,少女醒来的时候
一直陪伴在身边的另一个意识已经无法感知到了
往其中一只容器中倒入的拿铁 是唯一的杀戮方法』

「呐?神灵什么的,其实是不存在的对吧?」

『残酷笑着的少女究竟是
拉斯提,还是丽丝提
或者说
事到如今已经,谁都不是了呢』



返回列表