返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com/f?kz=629570751

古の残骸
『淡い雾が立ち込める、小さな湖の畔。
无数の墓标が伫む、朽ちた村。死者に会えるとまことしやかに嗫かれる场所。
死は语る。几つもの物语を。魂は谣う。辿ってきた生涯を。
私はここで确かめよう。死の、先にあるモノを────』


冻える色彩に 思考揺らして
时间に置き去りにされる 不安が消えない

生きてる意味が见えなくて 痛みばかりが
飞び込んでくる息苦しくて ただ日々は空虚に────

古の残骸 冻りついた物语を
终わりまで ah… 纺いでゆく
溶けることないのを知っても


最期の瞬间は 孤独でもいい
淋しい时ほど一人で いたいと愿った

失うことが怖いほど 大切だった
関系こそを自らの手で 壊したくなるんだ────

古の残骸 途方もない数の旋律
どこまででも 诗は続き
雾よりも色浓くなって……

杀したはずだった感伤の揺れを
ah… この场所にきて感じてる

この弱さも何もかもすべて受け入れて
差し出される手を探してたんだ
その先に死があっても

古の残骸 冻りついた物语を
终わりまで ah… 纺いでゆく
溶けることないのを知っても


『私は此処に住まう、唯一の生者。
见つけたいのは、答えか。戒めの锁か。
死者达は远い歌を奏でるだろう。それは、黎明の旋律────』

「残酷で优しい────死の残骸」

「この痛みがやわらげばいい。その手段が、生と死のどちらになっても……」

古之残骸
『弥漫着薄雾的小湖边
腐朽的村落中伫立着无数的墓碑。这里就是谣传能够真正见到死者的地方。
讲述着死亡。编织着数以千计的故事。咏唱着灵魂。追溯着人类一生。
我在此处想证实死亡最初的状态────』


思考被冻结的色彩所动摇
抛开时间的束缚 不安感依旧无法消散

看不到活着的意义 所能感觉到的只有疼痛
跳入其中所产生的窒息感 也只能使一天天变得更加空虚----

古朽的残骸 冰封着故事
在终焉之前 ah… 还将继续编织着
即使知道这永远也无法消融


在临死之前 即使孤单也好
期望着独自过完这寂寞的时刻

真是知道失去所带来的恐惧 才会更加珍惜
关乎两者 与其失去还不如亲手毁掉----

古朽的残骸 演奏出成千无条理的旋律
无论在何处 诗歌仍旧继续歌颂着
那将变得比雾更加浓烈

ah… 只有到达此处才能感受到的那所动摇的伤感的必杀之心

这份柔弱无论如何都要全部承受下去
伸出双手去寻找吧
即使在这之前就会迎来死亡

古朽的残骸 冰封着故事
在终焉之前 ah… 还将继续编织着
即使知道这永远也无法消融

『我是在这里住着的唯一还活着的人。
想要找到的无论是答案还是惩戒之锁。
都将被死者们演奏成久远的诗歌。那就是,黎民的旋律……』

「残酷的温柔----死之残骸」

「这份疼痛能缓和下来就好了。无论之后是生是死----」



返回列表