返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com/f?kz=629570751

黒雪姫
『光を通さぬ漆黒の髪。感情を闭じ込めた昏い瞳。
国の唯一の后継ぎとして宠爱を受けた彼女は、心まで暗暗に染められている化のようで…..。
黒雪姫「Noire Neige」と呼ばれる少女は谁にともなく问いかける。
“この国で一番美しいのは、だあれ────?”
答えを误ることは、赦さない。従うことだ』


「生きて、いたいのなら」


谁もが嗫くの あなたこそが この国で一番美しいわ、と

だからねぇ────私より绮丽な存在なんて
あってはならない いらないの

积み上げられた犠牲者达 罪深き 亡骸
梦见がちな黒雪姫「Noire Neige」 漆黒に赤い死の口红を引く……

壊して…… 壊して ねぇ どんな悲しそうな
死に颜だって 燃やしてしまえば 明日にも忘れてしまうわ


呪われし忌み子余され 黒雪姫は両亲に决断させる

「あの娘(子)は、呪われてる。私たちのこの国を委ねることはできない」と

最后の刻は深い森で 悲惨な事故を
装われて黒雪姫 その命若くして闭ざされる

「どうして…… どうして、 ねぇ? 一番美しい
私こそ谁より幸せになれる権力を持ってるでしょう────?」

「もう一度 新しい子を つくりなおせばいいさ」と
失败作は杀された

上辺だけでも爱注がれ 花のように育ち
砕け散った黒雪姫 死してなおどこまでも美しく……

ずっとずっと 永久に咲き夸ろう
少女の墓标 その周りには黒き花どこまでも広がり
存在を夸示し続けるだろう


『新しく生まれた赤子は真っ白な髪に、雪のような白い肌をしていた。
优しく朗らかな子に育ち、いつしか白雪姫「Blanche Neige」と呼ばれるようになる。
よく晴れた日。少女は家族で森へ散策にと出かけた。
奇しくも黒雪姫が命を落とした墓标の近く。
白雪姫は、普段と変わらぬ优しい笑颜で両亲に问いかける』

「この场所で、また私を杀すの?何度やっても无駄なのに────」

『时が経ち、少女はいつしか”魔女”と呼ばれる存在となる。
やがて国は灭び、その后には黒い花の咲き乱れる、深い仄暗い森だけが広がったという……』


黑雪公主
『有着漆黑不透光的长发。昏暗不带任何感情的双眸。
曾作为这个国家唯一继承人而被宠爱着的她心灵好像也被染成了黑暗……。
被称作黑雪公主「Noire Neige」的少女 使大家口中的禁忌。
“这个国家最美的是谁----?”
回答错误就无法饶恕。顺从吧。』


「如果还想活着的话」


大家都在窃窃私语着 你才是这个国家最美的人

所以----比我还没的人
是不被允许存在的

慢慢积累的牺牲者的人数 罪孽深重的尸体
梦中的黑雪公主 正用赤红的死之口红描绘着黑暗

破坏吧……破坏吧 呐 无论多么悲伤
把这死亡的面孔燃烧殆尽的话 到了明天也就能忘记啊

被诅咒的讨厌鬼是多余的 黑雪公主的存在被父母这样果断的认为

「这孩子已经被诅咒了。她是无法管理我们这个国家的。」

最后在森林深处 那悲伤的事故
被装扮成黑雪公主的我 年纪轻轻就被关上了生命的大门

「为什么……为什么,呐?我明明是最美的啊
难道我不是最有权力得到幸福的吗————?」

「再重新孕育个孩子就好了啊」失败品已经被杀死了

只是表面上倾注了爱 如同花朵般养育
支离破碎的黑雪公主 在死时也是如此美丽……

永远 永远 如同花儿般永久骄傲地盛开下去吧
少女的墓碑周围盛开着的黑色之花不断延展着
继续夸耀着墓主的存在


『新诞生的婴儿有着纯白的头发,若雪的肌肤。
被教育成温柔开朗的女孩,不知何时以被人们称作白雪公主「Blanche Neige」
在一个晴空万里的日子里。少女跟着家人散步来到森林中。
意外的就在埋葬着黑雪公主的墓碑附近。
白雪公主露出和平常无异的温柔的笑容询问着父母。』

「还想在这里杀了我吗?明明无论做几次都是没用的啊————」

『时光飞逝,少女不知何时被人们称作“魔女”所生存着
不久国家灭亡了,听说在那之后无数黑色之花向着葱郁,昏暗的森林深处飘散开去』



返回列表