返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com/f?kz=629570751

Rectitude
『过去にあった事故の后遗症から、余命几许もない女性。
目の见えない彼女が唯一自由に出歩ける広い庭园。
いつものように木々の声に耳を倾けていると、軽やかな青年の歌声が耳に飞び込んできた。
彼は几つもの国を旅する旅人で、森から繋がるこの庭园に迷い込んでしまったのだという。』

「ごきげんよう、美しいお嬢さん。よろしければ、このまま続けても构いませんか?」

静かな庭园 その中だけが彼女の
想像の及ぶ とても小さな鸟篭のよう

目の见えぬイヴ 梦见るのは 远い外の世界
たった一歩が踏み出せない 恐怖が消せずに……

「もし君が心晴れるというなら、いくらでも求むままに
旅でみた几つもの物语 君へと歌うよ」
目的なく旅をしてきたけれど あどけなく微笑むイヴ
ah… 世界巡り君を见つけた。この出会い运命でと思えるから────

「君に世界を见せよう。时には歌で、时には言叶で。
见えないなんてことはないさ……。いくらでも描けるだろう?
今、君の头の中に広がったもの。それが、世界だ」


彼女の屋敷で、新たな季节迎えて
いつしか二人は 心确かに惹かれあった

「私のために旅をやめてここにいてくれるの?」
不安隠せず问う彼女に 笑って答える

「もし君が一绪に行くというなら、もう一度旅するだろう」
でもねほら思うんだ。 ここにきてイヴ出会うため
仆は旅をしてたのかもしれない だからずっと傍にいて
君のための歌、歌い続けよう。季节が何度変わっても─────

二人に残されてる时间は多くないと知っても……
闭ざされた庭园で、婚约を誓い支え合った


『けれど、イヴに最期が访れるのはあまりにも唐突だった』


「あなたの优しい声が好き。きっと、柔らかな笑颜で歌ってくれていたのでしょう」

『イヴはそういって、视力をなくしたまま青年の颜をみることも叶わずにこの世を
去ることを叹いた。
青年はただ落ち込んだ。
やがて、旅の途中で闻いた物语を思い出す』

「どこかにあるという”死者に会える场所”。
そこにいけば、きっともう一度イヴに会える」

「まだ、闻かせたい物语は无数にある。
ずっとずっと、隣で寄り添っても足りないくらいに────」

Rectitude
『由于过去事故所留下来的后遗症,时日不多的女子。
无法见到光明的她唯一一次独自出门所来到的宽敞的庭园。
像往常一样倾听者树木间摩挲声,突然某个年轻男子的歌声传入耳中。
他自称是去过许多国家却在迷失在这与森林相连庭院中的旅人。』

「你好,我美丽的小姐。可以的话,我还能继续下去吗?」

安静的庭院 这在她的
想象中 如同渺小的鸟笼

看不见光明的伊芙 梦中所见的是外面宽广的世界
但却连一步也不能迈出 恐惧感无法消散……

「如果能让你心情变好的话,无论怎样我都会去达成。
我把在旅途中所听到的故事唱给你听吧」
虽然经历过无数漫无目的的旅途 看着伊芙天真无邪的笑脸
ah… 巡游世界后终于把你找到了。这相遇一定就是所谓的命运吧————

「我要让你看到这世界。时而用歌声,时而用语言。
没有看不到这回事……。无论什么都能描绘出吧?
现在,在你脑中所展现的。那就是,世界啊」


在她的家中 迎来了新一季度
不知何时两人的心 已经互相吸引

「能为了我停止旅途留在这里吗?」
对隐忍不安问着的她笑着回答道

「如果你也能和我一起去的话,再一次展开旅途就行了啊」
虽然这样想着。 但也许就是为了在这遇见伊芙
我才展开的旅程吧 所以我会一直陪伴在你身旁
为你继续歌唱。 不论四季变迁————

虽然两人都知道彼此在一起的时间所剩无几……
在这封闭的庭院 却私定了终身


『但,伊芙的死期却唐突快来临』


「好喜欢你温柔的声音。一定,是露着柔和的笑容在歌唱的吧」

『伊芙这样说着,为还没有实现看见青年的愿望而就要离开这个世界叹着气。
青年很失落。
突然想起了在旅途中听到的一个故事』

「这世上有个叫做“能见到已死去的人”的地方
如果能到达那儿的话,伊芙一定能重见光明」

「想听故事还有很多很多。
即使只能到达那个地方附近,就永远永远也不够啊————」



返回列表