返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com/f?kz=691559758

3.分かたれたセカイ

前半翻译:卡の浅浅
后半翻译:鬼鬼
唯一无二の存在     常に昼夜を共にしていたふたり 独一无二的存在 总是昼夜与共的两人

些细な诤いなどは、乗り越えられる程に     仲睦まじくみえた 琐碎的争吵 随着共度之日 看起来竟是如此的亲密

微笑ましくも悲しいその関系性 他们的关系让人欣慰但又为之难过

それはか细い薄氷の上に成り立って 那是在脆弱的薄冰之上所维系的细线

だからこそとても美しいものにみえて……所以才能看起来美丽的惊心动魄

“优しい森の优しい獣”     “孤独を选び后悔したルクセイン”“安详森林里温柔的兽”“后悔选择了孤独的rukusein”

代わりなんてなくて     だからこそ寄り添い合って 对方是无可取代的存在 所以才紧紧地相互依靠

星に     愿ってみた 想要对着星星祈愿

「ずっと二人が一绪にいられるように」“为了两人能够永远的在一起”

何度だってそう缲り返したんだ────无论多少次都愿意重来



「崩壊は唐突に。终わりは想いを无视して酷薄に访れる。“毫无预兆的崩塌。结局就这样无视了所有的回忆,残酷地造访了。

それは、黒狼が踌躇うのを强引に说得し、黑狼不顾一切的劝服着踌躇的少年

别の集落を袭っている最中のこと。他正在袭击着其他的村落。

少年が手惯れたように金目のものを渔っているところを、少年熟练的搜寻着有价值的物品之时

屈强な卫兵に取り押さえられてしまう。被强壮的卫兵所逮捕。

同じことを缲り返すうちに、いつしか周辺には黒狼への 正在重复同样事情的时候,不知何时周围已经
警戒情报が行き渡っていた……」遍及了来自黑狼的警报


现実感の乏しい     止まってみえる世界 缺乏现实感的静止世界
友を解き放とうと     駈ける黒狼 想要解救朋友 飞奔的黑狼
けれど心根の优しい彼に     卫兵を伤つける勇気などなく 可是心底善良的他 没有去伤害卫兵的勇气
体ばかりが大きくて无力な自分を责めた...空有一副硕大体格如此无力的自己 黑狼深深自责
业を煮やしたルクスが叫ぶ     焦燥と恐怖     不安に颜を歪めて 气恼无奈的rukusein喊叫着 面容因为焦躁、害怕、不安而扭曲


「早くこいつらを杀,せ!」“快点杀掉他们!”


彼と出会う前缲り返し见た     人间のその表情 那是在于他相遇之前 随处可见的人类表情
ルクセインのそんな颜だけは见たくないと思っていたのに 虽然不想看到rukusein露出那种神色

黒く滚る     矛盾の络まり合う物语を 翻腾的黑暗 矛盾交织融合的物语
强く掻き抱く     その最期がそこまで见えてしまっていても 紧紧地拥抱 即便最后也只能到这里。

「黒狼は焦り、少年を拘束する卫兵达に无谋にも飞びかかる。“黑狼焦躁着,朝着束缚少年的卫兵们鲁莽的飞扑而去
そこに确かな策などなく、ただひたすらに、那确实也是个计略,只是太过单纯。
梦中でルクセインを守るためだけに。正是因为不顾一切也想要守护的rukusein。
けれど、それは最初から见透かされていたかのように。但是,从一开始便被看穿了。
黒狼は、卫兵が构えていた长枪に无惨にも突き刺されて───」卫兵准备好了长枪残忍的刺穿了--黑狼

日々は満たされていた【过去的日子充满快乐】
不器用な少年     口には出さないけれど【但如今笨拙的少年 已经说不出任何话】
见えないところで支え合っていた二人【在看不见的地方互相支持的两人】
幸せな物语     その道筋はどこで见失っただろう...【幸福的故事 在这条路上消逝了】
もう取り戻せない     どれだけ愿ったとしても【即使是多么强烈的祈愿也无法将它挽回……】

流れ出る血は正视に绝えず     よろめきながらも【一边挣扎一边正视那源源不断流出的艳色鲜血】
亲友の元へと辿りつく黒狼     静かに优しく少年の頬を舐めた【好不容易找到亲友的黑狼 静静地温柔地舔着少年的脸颊】
それは出会ったときと同じように【就如同刚刚见面的那时候一样】
変わらぬ暖かさで     けれど変わり果ててしまった姿で【那份温暖依然不变 但那姿态比起当初却已面目全非】

そして生きも绝え绝えに呟いた【呼吸也随之断气般地咕哝】
仆を怖がらないでくれて友达になってくれて...【你并不害怕我,还成为了我的朋友】
「ありがとう。とても嬉しかったよ」【谢谢你,我很高兴……】


「黒狼は怪讶そうな卫兵に向かって念り声をあげ、【黑狼面对卫兵发出惊异的嘶吼】
残された力を振り绞って叫ぶ。【用剩下的力气竭尽全力扯着嗓子喊叫】
『そいつはさらってきたガキだ。【这家伙是被诱拐的小鬼】
足を引っ张りやがって……早く食い杀してやればよかったぜ』【根本就是个拖后腿的累赘……早点把他咬死就好了!】

黒狼はその言叶を最后に、枪で再び一突きされ倒れ伏す。【黑狼在说完这句话之后,又一次被长矛刺中倒下】
ルクセインは绝句するように唇を震わせ、【rukusein张口结舌地颤抖着嘴唇】
なぜ、と瞳だけで问いかけていた。【为何只有眼瞳在询问】
黒狼は静かに笑み、そのまま言叶もなく、绝命する」【黑狼静静地笑着,就这样没有残留任何言语地断气,死去了……】

黒く滚る     短くただ儚い物语の【滚滚的黑色 短暂的只是迷蒙般的故事】
散り际は淡く     流星のような速度で【散落时分的惨淡 以流星般的速度】
傍らにもうひとつ取り残された     ルクセインの物语はまだ终わらず【身边只剩下rukusein的故事还未完结】
悲痛に伤抱え     これからを生きる【今后的生活必将满怀悲痛】

「黒狼は途中から少年の意図に気付いていた。【黑狼在旅途中意识到少年的意图】
自分という存在を利用して悪事を重ねていたこと。【意识到少年屡次在利用自己的恶行】
けれど、出会った瞬间の纯粋な喜び。【但是,相遇的瞬间只有纯粹的惊喜】
心许せる友达と过ごす时间の幸福感は黒狼にとって【对内心容许自己与朋友一起度过的时间,充满幸福感的黑狼来说】
あまりにも大きすぎて……それは决して、伪りのものとは思えなくて。【太遥不可及了……但这绝对不可能是虚伪的东西】
ルクセインは动かなくなった黒狼に抱きつき、空を仰いで恸哭する。【rukusein抱着再也不可能动弹的黑狼,对着天空放声大哭】
取り返しのつかない自らの过ちに気付いて。【意识到自己的过错已经无法挽回】

二人で见上げていた星空。今はそれすらも锖びついて。壊れかけてみえていた」【两人曾经一起仰望的星空也已经锈迹斑斑,仿佛被破坏一样】

「その叫びは果てることなく。けれど、きっともうどこにも届かない」
【这悲惨的叫喊声无穷无尽。但是,如今已无法传达到任何地方】



返回列表