返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com.cn/p/772723490

【瓦砾の终音】
Lyrics:少女病卅Compose&Arrange:ピクセルビー
Vocal:Mitsuki卅Voices:花泽香菜、豊崎爱生、沢城みゆき
收录: 苍白シスフェリア
LRC:wingull

「どうして选ばれたのか?」「为什么会被选中呢?」
そんな问いに意味など ないと识っても (诸如此类问题即使认识到了也毫无意义)
心痛は消えることなく 时计の针は廻る(心中的痛楚消散不去、钟表的指针无止境地转动)

「この世界には、不死なる5人の魔女がいる。」「这个世界上、有五个不死的魔女。」
「それぞれが异なる神に见出され、人から成りし存在。」「分别被不同的神挑选出、以人的姿态存在著。」
「神を信仰する人々はその力に畏怖し、崇めた」「信仰神的人们既畏惧著也崇拜著这种力量」

「苍白の果てで纺がれる、」「于苍白尽头被编织而成的、」
「心优しい少年と一人の魔女の物语」「心地善良的少年与一位魔女的故事」

褪めた日々は淀み 怠惰に溺れる(褪色的日子停滞不前 沉溺于怠惰中)
血涂られた月夜は秽れ 无垢な冲动 翳して(被血染红的月夜是污秽 罩住纯洁的冲动)

変わらぬ忠诚   誓いし下仆たる少女(Servant) シルエラ(不变的忠诚 发誓成为仆人的少女 シルエラ)
すべてを委ねた偏爱は永远に   虚构を壊す(于永久中委以全部的偏爱 把虚构破坏)

「どうして选ばれたのか?」 「为什么会被选中呢?」
そんな问いに意味など   ないと识っても(诸如此类问题即使认识到了也毫无意义)
心痛は消えることなく   残されたのはただ魔力だけ(心中的痛楚消散不去、残留下来的只有魔力而已)

远い过去の约束   まだ人间だったあの日(遥远过去的约定 还是作为人类存活的那一天)
未来を誓った   夕暮れ(Abend)(对未来起誓的那个黄昏)
ah...幼い恋   叶うことなくて──── (ah...年幼时的恋情 实现不了了)

「あたしがまだ人だった顷、小さな恋をしていた。」「我还是人类的时候、曾拥有过小小的恋爱。
「でも、あたしはもう────!」「但是、我已经────!」
「手荒になってもいい。 あいつをここから远ざけて」「即使用粗暴的方式也好。 让那家伙远离这个地方」
「お望みのままに」「如你所愿」

昏い悦楽にも   精神を倾け(即便是昏暗的喜悦 也要倾注精神)
狂おしいほど愚かで   无慈悲な魔女、演じた(像发了疯似地愚蠢 扮演著冷酷无情的魔女)
不老に近い   存在を(Sein)   爱し焦がれた   シルエラ(近似永生的存在(Sein) 殷切爱恋著的シルエラ)
近づく信奉者すべてを排し   独占し続ける(把靠近的信奉者全部排除 继续独占著)

いつか选ばれたのが(不知不觉被选中)
必然であるような   错觉に酔う(正如必然一样 沉醉于错觉)
消えゆく感情   确かに(感情确实在渐渐消逝)
あんなに傍にあったはずなのに...... (明明就应该待在你身旁的……)

姿だけは変わらずとも   変わり果て血に濡れた(即使只有身影不变 改变的结局被鲜血染红)
「もう、あの顷のあたしなんかじゃない......!」 「已经不是那时候的我了......!」
「お前が主を惑わせる。消えてなくなれ!」 「是你把主给迷惑了。给我消失吧!」

「どうしてここまで来たの......?」 「为什么到这里来......?」
変わらぬその瞳が   ただ眩しくて(毫无变化的眼眸 很耀眼)
哀れな自らを晒すのは   决して赦されない(暴露出如此悲哀的自己 绝对不可饶恕)
ここにいるのは“魔女”だけだから (因为这里只有“魔女”的存在)

「魔女に偏爱を抱く少女は命令を自らに都合よく捻じ曲げ」「对魔女抱有怜悯之情的少女违背了命令」
「少年の命をも狙う」「瞄准了少年的命」
「嫉妬... 狂気... 杀意...」「嫉妒... 疯狂... 杀意...」

「负の感情の罗列は、死という结果のみを追い求めていた。」「罗列出负面的感情、追求着“死”这种结果。 」
「声の... 音の... 歌の连なりは、彼らを翻弄するように空へと溶けて」「连接着的声音和歌声、愚弄他般地消散在空中」

「音が闻こえる。   これは、世界が轧む音─」 「听到声音了。   这是、世界破裂的声音─」



返回列表