返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com.cn/p/772723490

Celestial Blue

「目覚めたのは、白雨の降りしきる小高い丘。
辺りに人影はなく、ただ唇に暖かな温もりだけが残されていて。
仆はどうしてここにいるのだろう。
やっと会えたのに、一绪に帰ろうって伝えることもできず。
ここで何があったのだろう。
シスは、别れ际に耳元で何事か嗫いていた。
けれどそれがどうしても、思いだせなくて————」


初めて出会った その瞬间(とき)から
想いは决まっていたのかな?
幸せって言叶の象徴は
疑う余地なく、キミの存在だった

色んなことが変わってしまって
二人离れてしまったけれど
まだ変わらないモノも 确かにあるはずだから

出会わなければ なんて 后悔した夜もあった
苍白の空は远すぎて いつまでも 届かない気がして

忘れられたら なんて 思い悩む时もあった
けれど奥底に包まれた 想いに嘘はつけない…

濡れているのは瞳だけじゃなくて
小粒の白雨は全て洗い落とすように いつからだろう
降りつづけてた


「二人の思い出を消し去ろう。
あたしという存在に囚われることなどなく、
全て忘れて幸せに生きられるように。
二人はここで别れ、もう二度と出会うことはない」

「嗫かれたのは、そんな悲しい魔法。
魔女と下仆は倒れ伏す少年を置き、静かにその场を后にした」


ぼやけた思考は 痛み残し
鲜明に切り开かれた
苍ざめた魔女の优しい魔法は
かかることはなく、言叶だけが残された

たとえば、谁もが幸せになれる
结末なんて望めなくても
キミの心だけが ねぇ、泣いて终わるなんて…

昔みたいに なんて 简単には言えないけれど
苍白のキミに伝えたい いつまでも 忘れたりしないって

白雨に霞む 空が ただ切なく思えるのは
寂しい风景その下の どこかにキミがいるから…


「ありがとうなんて感情が、まだあたしにもあったんだ。
でも、これで本当のさよならにしよう……?ね」


伤つき 伤つけ 远ざけて
なぜ…? シスフェリア
誓った未来は今でも
褪せることはなく この胸にあるよ…


「少年にかけられた小さな魔法。
シスフェリアとの思い出が消えてしまうこと。
幸せに生きられるように、ということ。
その二つの魔法は相反し、
少年の中で両立することは不可能だった。
彼女との记忆を忘れてしまうことは、
少年にとって何一つ幸せなんかじゃなくて。
魔法はその想いの强さに掻き消され、无効化されていた。
少年は、再び旅路をゆく。
次会えたときは、今度は自分から再会の口づけをするのだと。
心に誓って……」

「苍白の果て。
それがどんなに远くても、いつかきっと————」

「醒来的时候,已是在下着骤雨的小山丘上了。
周围没有半个人,只是唇边的那股温暖依旧残存着。
我为什么会在这里。
明明终于见到了,想告诉她一起回去都无法做到。
这里会有什么呢。
Sith在分别时在我耳边说了些什么。
但是现在却什么也想不起来了————」


第一次相遇的那一瞬间开始
思念就已存在了吧?
幸福只是口头上的象征
没有怀疑的余地,你确实存在过

许多事早已改变
即使两人分开了
那不变之物也依旧存在着,

如果没有相遇 什么的 也有过后悔着这样想着的夜晚
苍白的天空过分遥远 总觉得 无论如何都无法到达

如果遗忘的话 什么的 也有过烦恼着这样想着的时候
包围着内心深处 无法对思念撒谎...

湿润着的不只是双眼
如同被细粒骤雨冲洗掉一切一样 是从何时开始的呢
雨依旧下着


「抹去两人的回忆。
在我的存在之中没有被囚禁一事,
愿你把全部遗忘能幸福的生存下去。
两人就此告别,已经不会有再次相遇了」

「轻诵着那悲伤的魔法。
魔女与仆人放下已倒下的少年,静悄悄地走到了幕布之后」


模糊地思考 痛楚残存
开垦出鲜明
苍白魔女的温柔魔法
无关紧要,只残存了寥寥数字

如果说,谁获得了幸福
即使不期望着终结
只要你的内心 呐,哭着结束什么的…

像从前一样 什么的 虽然一般不会说出来
想传达给苍白的你 无论何时 都不要轻易忘记

望着骤雨之后朦胧的天空 苦闷着思考
在这寂寥的风景之下 你也一样在哪生活着…


「感谢什么的感情,原来我还有着啊。
但是,此刻就作为我们的永别吧……?呐」


避开 伤害 受伤
为什么呢…?Sithferia
起誓的未来到如今
仍未褪去 在胸中永存…


「给少年施得微小的魔法。
一是把与Sithferia的回忆全部抹去。
再次是使其幸福生活下去。
由于这两者之间相互违背,
在少年体内时无法共存。
把与她在一起的记忆抹去,
对于少年来说并不是件幸福的事。
魔法把那种感情完全消除,直至无效化。
少年 再次踏上路途。
下次再见面的时候,一定要自己先吻上再遇之吻。
从内心发誓着……」

「苍白的尽头。
即使再遥远,总有一天一定会————」



返回列表