返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com/f?kz=1088560622

灰色のトランジェント
作词:少女病
作/编曲:RD-Sounds
Voices:豊崎爱生

「国が管理する孤児院で生活する少女。
(在国家管理下的孤儿院里生活的少女。
年上の孤児たちは一人、また一人と顺番にもらわれていく。
比自己年长的孤儿一个接着一个地被领走。
笑颜で新しい家族に迎え入れられる彼らに、羡望の眼差しを向けて……」
看着带着笑容被新的家人迎接的他们,投去了羡慕的眼光……)

「きっと、生まれ変わるみたいに何もかも変わるんだ」
(“肯定,他们的一切像脱胎换骨般的改变了。”)

「次は、彼女の番————」
(下一个,轮到她了————)

诞生日には 枢机卿【Cardinal】様の
(生日的时候,主教大人
娘として引き取られることになった
将她作为自己的女儿领来。
でも喜べない 彼の舐めるような视线に不安が募る
但她却无法欣喜,他那蔑视的眼神让她心中堆积着不安。)

悩みを月に吐露した
(对着月亮吐露着自己的烦恼。
その夜に意図せず立ち闻きしてしまう
就在那天夜里,无意间听见了。
「あの方々の趣味も困ったものだわ……」
“那位大人的兴趣还真是令人伤脑筋呢……”)

「记忆も瞳も 手足でさえも
(无论是记忆还是双瞳,无论是双手还是双脚,
全て别の子供のものを组み合わせることで、理想の娘を作る。
都是用不同孩子的东西拼凑起来,并造出理想中的女孩。
养子でも、まだ幼い恋人でもある爱玩人形。
这人偶,既是养子又是幼小的情人。
人を人として见ない、伪りの博爱主义者……!」
这是个不把人待人看的虚伪博爱主义者……!)

「猊下は、あの子の美しい瞳が欲しいそうなの」
(“那位大人,现在想要那个孩子的双瞳。”)

「その瞳からは、绮丽な粒の涙が静に流れて————」
(那双眼睛,静静地流出了美丽的泪滴————)

この瞳だけ欲しいというなら
(如果仅仅是想要这双眼睛,
いっそ自分で溃してしまいたい
则不如将自己彻底毁坏。
けれどそんな怒りも どこか空虚なまま谛観に沈んでゆく
但是这份怒火,却不知不觉中空虚地沉没在冷观中。)

先に引き取られていった
この孤児院の义姉达は生きているの?
(之前被领走的孤儿院里的姐姐们都还活着吗?
幸せになっていると思ってたのに————
明明以为她们会变得很幸福的————)

长い梦をみた 苍白の梦
(做了一个漫长的梦,那是苍白的梦。
永远と纷うような深くて优しい梦を
那是个分不清永琱@般的温柔的深深的梦。
揺すられて目を覚ましたら
在摇曳的双眼清醒时,
孤児院の教师达は残らず死体になっていた
孤儿院里的教师们,都无一例外地成为了尸骸。)

「あのね、魔女がみんな壊していっちゃった……。
(“魔女,把他们都毁掉了……。
こわかったよぅ……」
好可怕啊……”)

「枢机卿【Cardinal】も杀されたらしい、と义妹が泣く」
(“主教大人好像也被杀死了”,以为妹妹哭着这样说。)

「どうして……?まさか、私达のため……?」
(“为什么……?难道说,是为了我们……?”)

用は済んだ、と この孤児院から立ち去ろうとしている魔女を追って跪く
(她追出去,跪在了说着“要事已经办完了”便正要离开孤儿院的魔女面前。
「何かしら。あなたも死にたい?」
“怎么,难道你也想死吗?”
その问いに无言のまま ただ首を强く振った
对着这句提问,少女只是无言地使劲摇着头。
楽しげに兴味深げに
像是喜悦又像饶有兴致一般,
微笑んだ 苍白の魔女は试すように嗫く
苍白的魔女微笑着,像是试探一般地低声说。)

「そう。なら、ついてきなさい。戻らぬ覚悟があるなら……」
(“原来如此。那就跟我来吧。只要,你已经做好了不再回头的觉悟……”)

「少女は过去を思い返しながら、返り血に濡れた髪をみる」
(少女回想着这样的过去,看着自己沾满飞溅的血的头发。)

「确かに、あの日一度生まれ変わったのかもしれない」
(“确实,或许在那天,我就已经脱胎换骨了。”)

「感伤を舍てて、魔女の傍らに跪く。
(丢弃了赶上,跪在魔女的身旁。
それだけが少女の————シルエラの、存在理由だというように」
仿佛在诉说着,这就是这位少女————希露艾拉存在的理由。)



返回列表