返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com/f?kz=961323297

深红のェヴェイユ
Lyrics:少女病
Compose&Arrange:ピクセルビー
Vocal:Mitsuki&Lico
Voices:ゆかな、沢城みゆき、杉田智和、伊藤かな恵

セクサリス:
「希望と绝望を司る二つの光彩。
(分别掌管希望与绝望的两束光彩,
この世界では决して等量に降り注ぐことのない光の雨。
在这世上绝不可能同等洒落的光之雨。
寂寞の音は波纹に。
寂寞的声响成为水纹,
そして空を覆う赤き月の残光は、いつしか残响となって…」
笼罩了天空的血红月光的残光,不知不觉中化为残响…)

アイリーン:
「それは、几多の叹きの中纺がれる、第二の魔女の物语」
(这就是在许多哀叹中被编织的第二位魔女的故事。)

悲鸣の中降り注いだ 深红の雨に浮かぶ 第二の魔女の影【silhouette】
(在悲鸣中洒落的深红雨帘中,浮现着第二位魔女的身影【silhouette】。
日々に饱いた魔女 嗜みは残忍の狂気【folie】
过腻了平日的魔女,她的嗜好是残忍的疯狂【folie】。
神托は堕つ 不逊 不変 不灭の混沌【chaos】に饮み込まれ
神的托付,被不逊、不变与不灭的混沌【chaos】吞没。
ただ冷えた死だけが 支配せし炼狱【purgatoire】
只有被冰冷的死亡支配的炼狱【purgatoire】。)

ah… 退屈だわ 血涂られた指を舐め
(啊… 无所事事,她舔舐着沾血的手指。
彼女は薄く哂う 动かぬ玩具踏み溃して
她冷笑着,践踏着已不动弹的玩具。)

今 秩序のなき 淀んだ古城で
(现在这毫无秩序堕落的古城中,
反逆の狼烟を上げるような无谋なものはない
没有燃起反叛狼烟的愚蠢之徒。
魔女に跪いて神を呪って
向魔女屈膝的同时咒骂着神,
人々が谣うは称賛の叹き【chagrin】
人们歌唱着的,是赞美的哀叹【chagrin】。)

扇动して巻き起こした 戦争を眺め
(一边遥望着煽动起的战争,
优雅に食事を楽しむのもすぐに饱きて
一边优雅地进食,这也很快感到了无味。
爱玩动物【pet】の蛇と少女だけを 暗く狭い蔵に入れて
将宠物【pet】蛇与少女放入黑暗狭窄的仓库中,
闭じ込める游びも 食伤してしまった
将他们封闭的游戏,也感到了腻味。)

ah… どれもこれも愉快なのは最初だけ
(啊… 无论是什么,令人愉快的仅在最初。
彼女は苛立ちを 隠しもせず刃を剃ぐ
她毫不掩饰自己烦躁地挥舞起匕首。)

さあ 刹那の夜 ここで生まれる
(看吧,瞬间的夜幕,就在这里诞生。
仮初の生命を 忌まわしい物语に残そう
将不祥的故事,留在最初的生命中。
魔女はまた新たな 游戯に耽り
魔女沉浸在新的游戏里,
结末を思って快楽にふるえて 笑った————
想象着结局,颤抖着身子笑了————)

アイリーン:
「描けた。不快で愉快な、终わりまでの轨迹…」
(画好了。通向结局的不快而愉快的轨迹…)

秽れた狂信者【fanatique】の 祈りを受けただ厳かに
(接受着肮脏狂信者【fanatique】的祈祷,
赦されざる魔法で 红き光に包まれゆく————
用残酷无情的魔法,让血红之光笼罩————)

セクサリス:
「ふふっ。ねぇ、目をそらさないで。
(呵呵。呐,不要眨眼。
————物语がはじまるよ」
故事,开始了。)

今 秩序のなき 淀んだ古城で
(现在这毫无秩序堕落的古城中,
反逆の狼烟を上げるような无谋なものはない
没有燃起反叛狼烟的愚蠢之徒。
魔女に跪いて神を呪って
向魔女屈膝的同时咒骂着神,
人々が谣うは称賛の叹き【chagrin】
人们歌唱着的,是赞美的哀叹【chagrin】。)

さあ 刹那の夜 ここで生まれる
(看吧,瞬间的夜幕,就在这里诞生。
仮初の生命を 忌まわしい物语に残そう
在最初的生命中,留下不祥的故事。
血の黙示录に刻む 终焉の覚醒【eveil】
在血的默示录里,刻下终结的觉醒【eveil】。
幻想は静にはじまりを告げた…
幻想静静地宣告着开始…)

ミリア:
「望まぬままに开け放たれた棺」
(那不以人的情愿被打开的棺木。)

ルーク:
「それは、消费されゆく凶梦の断章。踏み躙られた绊の物语」
(那是渐渐被消耗的噩梦的断章,被践踏的羁绊的故事。)

アイリーン:
「知らないなら教えてあげる。本当に终わりの歌を————」
(若是不知道就让我来告诉你,什么是真正的终结之歌————)



返回列表