返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com/f?kz=961323297

黒衣の放浪者
Lyrics:少女病
Compose&Arrange:ピクセルビー
Vocal:Mitsuki&Lico
Voices:沢城みゆき

セクサリス:
「几つもの国々を见て回る旅を続ける、
(不断游走了好几个国家,
どこか影のある忧いを背负った青年。
身影中好像背负着某种渴望的青年。
黒衣の青年は、不死なる魔女の一人、
黑衣的青年,在一位不死的魔女,
アイリーンの影响下にある街を睥睨していた」
艾琳的影响下,斜眼望着一条街道。)

疲弊する 寒々しい雑踏
(让人疲惫的冰冷的人群,
酷く重苦しい街は 夜に蚀まれ
过度沉闷的街道,被夜色侵蚀着。
歪に渗んだ 粛清に风はさざめき
歪曲地渗透,冷清的风在耳边嘈杂。
幻想に终止符を刻んだ无辺の烂れた暗
幻想中被刻下终止符的,是无限溃烂的黑暗。)

风说の真伪など荒廃した
(谣传的真伪都已荒废,
この风景をみたなら 疑うこともできはしない
若看到这处风景,也无力质疑。)

キミの名をその欠片を 白夜の果てにまで连れていこう
(将你名字的碎片,带到白夜的终点,
どこにもそんな场所はないのだとわかっていても
即使明白并不存在那样的地方。
罅割れたその欠片に 虚势ではない无伤の姿を
在撕裂的碎片里,那并非虚张声势的无伤的身姿,
いつか示し探そう 未来の物语————
总有一天会去寻找那未来的故事————)

忘れえぬ あの日起きた过ち
(无法忘记,那一天犯下的过错。
大切な绊 存在を失った过去
失去重要羁绊与存在的过去,
その影は重く 今は绊というモノに
那沉重的阴影,现在也成为了羁绊。
途方もない憧れ 抱きながら踏み出せずにいた
怀抱着没有理由的憧憬,无法踏出脚步。)

他人との距离を置き 関わらない
(与他人拉开距离,拒绝与他人的关系。
それは逃げでしかないと 自责の念を内に秘めて
这仅仅是在逃避——这样的自责埋藏在心里。)

『キミならばどう言うだろう?』 そんなことばかりを考えては
(“如果是你,会怎么说?”不能总是这样想。
成长しない自分に 叹息し拳を握る
看着毫无成长的自己,叹息着握紧拳头。
隔たれた星の欠片 孤高の旅路に终わりは见えず
远隔的星辰碎片,孤高的旅程看不见终点。
虚空に巡り彷徨う、そんな物语————
这样在空虚中不断彷徨的故事————)

セクサリス:
「この国から得るものは何もないと、旅を急ごうとする青年。
(感到在这个过度什么都得不到的青年,匆忙地继续旅程。
そんなとき、魔女が黒狼という种族の动物达を捕らえ、
就在这时,他听说了魔女在捕捉“黑狼”这个种族的动物,
无理矢理に使役しているという话を耳にしてしまう」
并强迫它们作为奴隶的事情。)

热量が奥底から 膨れ上がるようなその感覚
(热量从心底膨胀开来的感觉,
どこにもそんな感情はないのだと思ってたのに
明明曾确信不会有这样的感情。
罅割れたこの心を 虚势でしかない伤ついた瞳を
今は隠して踏み出そう 暗を屠り
现在就踏出脚步,抹杀黑暗吧。)

かつての亲友の遗品 黒狼の牙での首饰り【collier】
(过去朋友的遗物,那黑狼的牙做成的项链【collier】,
俯き握り缔めて 切り拓くは未来の物语————
将其紧握,开拓未来的故事————)

セクサリス:
「孤高の旅を続けるその黒衣の放浪者の名は、ルクセイン。
(不断继续着孤高旅行的黑衣流浪者,他的名字叫鲁库谢恩。
その眼光はまるで獣の牙のように锐く。
他的眼神犹如兽牙般锐利。
过去を恨みながら、远く先を见据えて……」
他怨恨着过去,远远望向未来……)

ルクセイン:
「もう道を违えることはしない。俺は————」
(再也不会走上错误的路了。我————)



返回列表