返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com/f?kz=961323297

Legion
Lyrics:少女病
Compose&Arrange:ピクセルビー
Vocal:Lico
Voices:沢城みゆき、杉田智和、伊藤かな恵

ミリア:
「しつこく追ってきて、何が目的?
(那么固执地跟着我们,你到底有什么目的?
やっぱり谁かにバラす気なんじゃ……」
你果然是想把我们暴露给谁吗……?)

ルーク:
「泣いてないで何か言ってくれないかな、キミ」
(不要光是哭,你能说点什么吗?)

セクサリス:
「少女が声を出せないことなど知らない二人は、
(并不知道少女无法发出声音的两个人,
何も答えないフランチェスカに苛立ち、
对什么都不回答的弗兰切斯卡失去耐性,
小さな刃物を手に近づいて……」
手持小小的匕首靠近她……)

「黒か白か、始めようか?审判を」
(“是黑是白,开始审判吧!”
刹那煌いた消えぬ 暴かれて
刹那间的闪烁毫无消逝地暴露。)

问いは意味を成さない 口外されれば
(发问也没有意义,若说出来,
几多の犠牲の上に 胜ち得た炎も溃えてしまう…
不仅会有更多的牺牲,好不容易取得的胜果也会功亏一篑…)

锖びついた その凶器を踌躇いなく翳して
(毫不踌躇地挡住那锈迹斑斑的凶器,
声さえあげずに固まった少女に 言叶を荒げて忘却を求めた
无法出声的少女,语无伦次似的乞求着遗忘。)

ルクセイン:
「さあ、そこまでだ。国が荒れている子供たちまで荒れるのか?」
(喂,到此为止吧。在这个荒暴的国家,小孩子都变暴力了吗?)

害意なきポーズだけのその腕を
(以没有敌意的姿势伸手
押し戻すように止めた者は、黒衣の放浪者【nomade】
阻止了他们的人,是那黑衣的流浪者【nomade】。)

「子供がこんな物騒なものを持ってはいけない」
(“小孩子不能带着这种可怕的东西。”
谕す声は真挚にどこか优しくて
责备的声音既真挚,又隐约带着温和。)

守るように 立ち塞がるその姿に少女は
(看着这保护着自己的身姿,
兄との别离を思い出し 静かに涙を零して膝から崩れた————
少女想起与哥哥的别离,无声地落下眼泪,瘫坐在地上————)

ルクセイン:
「なあ、もしかしてこの子、声が……」
(呐,难道说这女孩,她的声音……)

セクサリス:
「フランチェスカが言叶を発せないことに気付き、
(注意到弗兰切斯卡无法用言语交流,
笔谈でコミュニケーションをとる。
大家开始与她用笔谈来交谈。
それをきっかけに、ルクセインに促されるままに
以这为契机,在鲁库谢恩的催促下,
それぞれの経纬を话し出す3人。
三人说出了自己的经历。
误解はすぐに氷解して……」
误解在瞬间化解了……)

ミリア:
「胁かしてごめん」
(刚才那样威胁你,真对不起。)

セクサリス:
「诧びる二人に、フランは気にしないでと恐缩しながらも
(面对道歉着的两人,弗兰一边慌忙示意着自己没有在意,
悬命に兄のことを闻いていた」
一边努力地询问着哥哥的事情。)

「フランチェスカとどこか似てる少年もいたかもしれない……」
(和弗兰切斯卡长得有些像的少年,好像有过……)

——————呼吸が、止まった……
(呼吸,暂停了……)

名前さえも夺われる秽れた塔の中で
(名字都被剥夺,在那肮脏的塔中的
优しかった兄がその场所に囚われ 今でもいるかは不确かでも
温柔的哥哥就被困在那里,即使现在仍然无法确定。
拳を突き合わせ 谁からともなく视线を重ねて
伸出拳头碰在一起,每个人的视线重叠在了一起。
出会ったばかりのレギオンは 遥かな古城を见据えてその手を掲げた
刚刚相识不久的Legion,遥望着远处的古城,抬起了手。)

ルーク:
「无谋かもしれない。确かな策なんてありはしない。
(也许这很愚蠢,也没有确实的计策。
けど、こうしてる间にもヤツはっ……。
但是,在这样耗费的时间里,那家伙会……。
……ボクは、囚われた仲间を助けに行きたい」
……我想去救出被困在魔女城堡里的同伴们。)

ミリア:
「フランのお兄ちゃんも、ね」
(还有弗兰的哥哥,对吧?)

セクサリス:
「强く颔くフランチェスカに、
(面对着使劲点头的弗兰切斯卡,
そして大切な存在を想う彼らに心打たれ、
并被为重要的存在着想的他们打动,
ルクセインも助力を申し出る。
鲁库谢恩也提出要协助他们。
大きな力を持つ魔女に対して、なんの武器も后ろ盾もない。
面对拥有强大力量的魔女,没有武器也没有后盾。
たった4人だけの小さな、けれどとても勇敢なれギオン」
仅仅四个人,这样小小的却勇敢的Legion。)

ルクセイン:
「きっと、まるで胜ち目のない戦争だ。けれど————」
(这一定是几乎没有胜算的战争。但是————)



返回列表