返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com/f?kz=961323297

残响
Lyrics:少女病
Compose&Arrange:RD-Sounds
Vocal:Mitsuki
Voices:ゆかな、沢城みゆき

セクサリス:
「そのレギオンは、死の残响でできていた。
(这个Legion,是由死亡的残响构成。
すべては魔女アイリーンの掌の上。
一切都在魔女艾琳的掌控之中。
小さな暇溃しのための游戯でしかない事象。
这是只是作为她小小消遣的游戏的事实。
残响の余韵は、たった一人の少女だけが担っていた。
残响的余响,只有一位少女在担负着。
壊れモノの少女はふらつきながら塔の端に立ち、
崩溃了的少女,摇摇晃晃地站在塔边,
梦见るように空へと语りかける……。
像做梦一般对着天空自语着……。
大好きな兄に向けて。素敌な仲间との出会いを。
向最喜欢的哥哥自语着,向与要好同伴的相遇自语着,
短い时间に深めた友情を。
向短短时间内加深了的友情自语着。
それらが全て形のない幻想だったことは、
那些都已是无形的幻想,
受け入れないままに……」
少女仍然无法接受……)

深すぎるその绝望を 受胎した少女は
(受孕了过度绝望的少女,
吹き荒ぶ绯の悪意 全て饮み干した
将那呼啸的绯色恶意独自饮干。)

心の壊れる音 一瞬に散る花
(破碎的心的声音,瞬间散落的花朵。
美しく鲜烈な その最期の残响に
成为了唯美而壮烈的最后的残响。)

诗をのせて 魔女は奏でる
(乘着这诗歌,魔女演奏着,
埋蔵された虚饰の光焦がして
烧尽了被埋藏的虚饰之光。)

『梦のような、时间でした』
(“那是梦一般的时光啊。”
真実の解放を 流れる星の下でいつか誓い合った夜 明日を信じて
在流星下起誓了真实的解放的夜晚,坚信着明天。
死によって下された 白い解放はその梦が
被给予了死亡的白色解放的梦,
悪梦の中にあることを告げて————
宣告了那只是在噩梦中————)

『————いつか笑って、会えるかな?』
(“————总有一天,还会笑着相逢的吧?”
不安を小さな文字で描いた 健気にah…兄想い
坚定地思念着哥哥,将不安描成那小小的文字。
问いかけるフランチェスカに 仲间は无言で颔く微笑んだ
面对问着他们的弗兰切斯卡,同伴们只是无言地点头微笑。)

『きっととても惊くね?私にこんな素敌なお友达ができたよ。
(“你一定会很惊讶吧?我交了那么优秀的朋友啊。
短い时间だけれどたくさん话したよ……』
虽然时间很短,但是我们交谈了很多啊……)

『ねぇ答えて?お愿いは最后にはいつだって闻いてくれてじゃない。
(“回答我好吗?不是说过无论何时,直到最后都会听我的心愿的吗?
もう我尽言わないから』
我不会再任性了。”
音无き言叶は 虚空へと消えてゆく 见えない何かに语るように
无声的语言,像是对着不可见的事物言语,消失在空虚中。
壊れきった瞳はもう幻想だけに
破碎的双瞳,只化为幻想。)

焦点を合わせて 虚构へと
(向着虚构,合为焦点。
呜呼戻れないほどに ah…深く深く もう沈みきっていた————
啊,已经无法回头,ah…深深地深深地,沉沦————)

アイリーン:
「さあ、次はどんな游びをしましょうか」
(来吧,下一次来玩些什么呢?)

セクサリス:
「これは、最も残虐だといわれる魔女の物语。
(这就是,最为残酷的魔女的故事。
ふふっ……おはなしは、おしまい」
呵呵……故事,讲完了。)



返回列表