返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com/p/995041259

02 少女は悠久に沈んで
どこか浮游する感覚 落ち着かなくて【这浮游的感觉,无法在某处安定】
居心地は悪くないのに なぜか疲労感じた【心情明明挺好,为何还会如此疲劳】

得体のしれない仮面を被った 异様な视线【戴着来历不明的人戴着假面,怀着异样的视线】

It circulates infinitely【无尽循环】
未完の透明色彩【未完的透明色彩】
これは通过仪礼だと 仮面の彼女は、讴った【这是通过的礼仪,戴着假面的她这么说着】

どうしてここにいて どうしたら出られるのかを识りたかった【为何会在这里,完全不知道如何逃走】
彼女达がここに辿りつき住まう理由 物语の键--【少女们努力来到这里居住的理由,是故事的钥匙】

「ようこそ、儚げなお嬢さん。道に迷っておいでですか?【欢迎,梦幻般的小姐,你难道是迷路了吗?】
ここは告解の馆。私は执事を务めております。【此处为告解之馆,本人是在此工作的管家】
名前ですか?ふふっ、嫌ですね。私の名前は、【名字啊?恩恩,很讨厌呢,我的名字】
あなたの头の中に强くあるはず。【应该强烈地印在你的脑海中吧】
そんなに怯えずついてきてください。【请你不用这么害怕】
さあ、世界の果てまで……いえ、违いました。【那么,直到世界终结……不对,不是这样】
馆の中をご案内して差し上げましょう!」【让我为您带路参观此馆吧!】

执事だと自称するのは ここで唯一【他自称是这里唯一的管家】
素颜晒して悠然と 一礼する青年【 鞠了个躬】

不自然なほどに驯れ驯れしいのが 不気味だった

It circulates infinitely【无尽循环】
不快な感情の揺れ【不愉快的感情摇曳】
なぜか强い嫌悪感覚える 彼女达の存在【为何对她们的存在有如此强烈的憎恶感】

执事に连れられて 仮面の住人达にも闻いて回る【被管家带回去,一直问那些戴面具的人】
あなたたちは谁? ここを出る术はないの?【你们是谁?有能离开这里的方法么?】
ねえ、私はなぜ----?【喂,为什么我……?】

彼女达はやがて、缓やかに语り始めた。物语を……【少女们终于慢慢道来】
几多の悲剧谭 そして春のような安宁----【故事的许多悲剧后终于迎来春天般的安宁】

It circulates infinitely【无尽循环】
交互に倾き揺れる【互相依偎摇曳】
仮面越しの ah… 瞳は 静に瞬く同じ色彩(いろ)で【透过假面的眼瞳,有一样的颜色,静静眨眼】

なんでここにいて どうしたら出られるのかを识りたかった【为何会在这里,完全不知道如何逃走】
けれど语られ続ける物语になぜか ah… 引き込まれて……【但是为何被这不断诉说的故事吸引

「あなたは、いつだってここから出られるはずなのですよ。【“你总有一天能从这里出去的】
键は持っているのに、その瞳にはうつらないのですね」【明明持有钥匙,却与这双眼眸不相配”】

「楽しげに语る执事。けれど少女に思い当たる节はなくて……。【管家笑着这么说。只是少女
仮面をつけた馆の住人达は、この场所に辿りつくまでの物语を语り続けた。【戴着假面的馆里居住的人们,不断诉说在来到这里之前的故事】

そこは告解の馆。谁に偿うのか?谁か偿うのか?【这里是告解之馆,要赔偿谁,又由谁来赔偿呢?】
壊れた砂时计から零れた砂。その一粒を拾い上げて……」【拾起一粒从碎裂的沙漏里洒出的砂】

「さあ、参りましょう。悠久の砂の底へ----」【好了,走吧,到悠久的砂之底去……】



返回列表