返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com/p/995041259

03 Double Cast
そこは王都の大剧场 夜毎描かれる至高の舞台
那里是王都的大剧场 每个夜晚都会成为最豪华的舞台

歌声に乗せて奏でられる物语
乘着歌声演奏着的故事

表现者は谁もが目指す その场所を、その确固たる圣域を
无论是哪个人都坚定地以那个地方,以那神圣领域为目标

神に选ばれた若きヒロイン二人【Double Cast】
被神选上的两个年轻的女主角【双重主角】

背が小さくて地味 けれど、歌い出すと表情が一変する少女
瘦小又寒酸的少女 但一旦歌唱起来表情便会完全改变

华やかで娇艶な 舞台に立つために生まれてきたようなもう一人の少女
她会变得华丽又妖艳 仿佛就是为了舞台而生的人

同じ场所を目指しお互いを高め合ってきた亲友 二人は信頼しあっていた
以同一位置为目标而互相勉励的好友 互相信赖

けれど周囲に嗫き合う
可周遭却流言蜚语

「真にヒロインに相応しいのは?」嫌でも耳に飞び込んでくる雑音
「那人真的适合女主角的位置吗?」这杂音即使讨厌还是不得不听见

私なんて、と自虐的なフィー 我算什么 Feii自虐地想着
どうしても自信が持てずにいて 无论如何也无法拿出自信
それを闻いて怒りだすリィサ 因此Risa相当生气
けれどもどこか悲しそうで 总令人觉得很悲伤
珍しくケンカ别れのように 二人は离れ家路についた 在几乎不曾有过的争吵之后 两个人分开各自走上了归途

『少女は翌日、そのショックの影响からか、热を出して寝込んでしまう。
『第二天、也许是因为这个打击的影响吧,发烧而卧床不起。

幸いな事に、そういう时のダブルキャスト。
幸运的是,在这紧急时刻的double cast

予定とは违うものの、その日はリィサが舞台に上がることになった。
和原定的不同,那天,只有Risa登上了舞台。

舞台のクライマックス、ヒロインの见せ场である独唱。
这就是舞台的巅峰 作为女主角精彩至极的独唱。

老朽化した照明が运悪く、その头上に落下して……。
而老化的照明灯就这么不巧地,掉落在了她的头上……。

静に闻き入っていた観客は、眼前に降り注ぐ惨剧に悲鸣を上げていた』
安静倾听的观众们,面对眼前的降临的悲剧发出了悲鸣』

裸足のままで 热にふらつきながらも 赤裸的双足 因热度而发抖
亲友の元へと走り出す少女 但她还是跑向了好友的身边

いつもは优しい仲间达 谁も目を合わせてはくれない
谁都没有将过来救援她那一直那么温柔的同伴

膨张する不安 抑えきれない恐怖 膨胀的不安以及抑制不住的恐怖
けれど意を决して辿りついた病室 但她坚定地将Risa带去了病房

そこにあったのは 伤ひとつないような 绮丽な横颜
而Risa那漂亮的侧脸 没有任何伤痕

「ひどいわ、みんなで私を惊かせようとして。
「好过分啊,我被大家吓了一跳呢。

本当にびっくりしたわ……。大したことはなかったのね!」
真的被吓到了呢!这又不是什么大不了的事情!」

『安心した反动ではしゃぐ少女に、医师である老婆は言い辛そうに语る。
年长的女医生对安心下来而兴奋地少女,吞吞吐吐地说着。

目立った伤はみえないけれど、头部にあたったせいで意识が戻らないということ。
虽然看不见明显的伤痕,但因为是撞击到了头部意识似乎没有回来。

魔女の力でも借りればあるいは……と非现実的な慰めをかけさえして。
能醒过来是借助了魔力,或者是非现实的慰藉。

少女は亲友に覆いかぶさり、狼狈して泣き叫んでいた』
少女抱着自己的好友,狼狈地哭叫着』

美しい《声》が《音》が 今は悲しくかすれて 美丽的《声》和《音》 如今
私のせいで、と苦悩して塞ぎこんだ---- 因为我的缘故,充满了苦难────

泣いても唤いても朝は访れる 舞台に上がろうとするフィー
再怎么哭再怎么叫唤黎明还是会来临 Fii登上舞台

けれど体の震えはとまらず何度やっても どうしても、どうしても
可颤抖的身体怎么也停不下来

歌を歌うことができない…… 无法歌唱

仲间达は责めもせず少女を庇い 谁もが雇い主へと叹愿してくれた
朋友们没有丝毫责怪少女 每个人都向雇主请求

演目の変更を 穴は我らが埋める、と 更改了演出剧目 缺陷将自我埋葬
理解ある贵族は慈悲深くも首を縦にふった 理解此点的贵族悲切地点了点头
それだけではない 但并不只是如此

片翼を失くし伤心のヒロインに しばしの休息を
犹如失去了单片羽翼而心伤的女主角 在一段时间的休息后

彼女はその日から演者ではなく 皆を阴から支える仕事に回った
在大家的支持下恢复了工作 但并不是作为演员

『1日たりとも见舞いに访れないひはなかった。 『没有一天不去探望她。
けれど、その颜を见るたびに、少しずつ。 可是,每次看见她的脸,就觉得
ほんの少しずつ、亲友がやつれていくのを感じていて。每次好像好友都在慢慢变得憔悴。

あるいは、少女自身も同じように生気を失っているのかもしれない。
或者说,就像少女自身一样流失了生气。

数年の月日は流れて。 一眨眼就是几年过去了。

すっかり舞台上から离れ、小间使いとして日々を过ごす少女。
完全离开了舞台,以做女仆为生的少女。

ある夜、休憩をとぼんやり椅子に腰かけていると、 某天晚上 悠闲地坐在椅子上休息
舞台から突然歌声が闻こえてきた。 突然听到了从舞台上传来的歌声
舞台上には、あの顷のままの亲友の姿。 舞台上出现了好友往日的身姿。

彼女は美しく歌いながら、少女を舞台に引っ张り上げる。
她美妙的歌声,将少女带上了舞台。

その続きを歌うように无言の视线で促されるけれど、少女无声地催促着好友继续歌唱
やはり歌声はでなかった』 可那果然不是歌声』

「ねぇ、歌ってよ。私の好きな、あなたの声色で」 「呐,唱歌吧。用我喜欢的嗓子来唱」

邪気のない笑颜 何も変わらず 诱われるように唇を动かす
那天真的笑容完全没有改变 我在她的劝诱下唱起了歌

あの顷と同じように歌えている 声が出る 声音就像那个时候一样流传了出来
心が覚えている 体が歓喜している 心里还记得 身体在为之雀跃
コーラスを纺ぎゆくリィサ Risa和着少女的歌声
ようやく思いだした 彼女が思い出させてくれた 少女这才想起来 因为她才想起来
【笑って?ほらね、やっと気付いた?】 【笑了?看吧,你终于察觉到了?】
私は【あなたは】歌うことが好きだ! 我最喜欢唱歌【你】了!

いつだって 横に立って 时に争いながらも
不论什么时候 你都在我身边 即使有时会争吵

ah…寄り添いあって歌ってきた ダブルキャスト 一直相依至如今的 双重角色
重なる声 今、繋がる感情 从重叠的声音 到现在 交错的感情
二人に距离なんてなかったね 对两个人来说没有距离
谁よりお互い 认め合っていたから 她们比谁都要相互依靠 互相信任
キミのah…歌を【あなたの声を】 这是属于你的歌【你的歌声】
『演目の一番の见せ场である独唱に差し挂かる。 马上就是演出最精彩的独唱部分
亲友は口を闭ざし、真剣な颜で少女を促す。 朋友们没有说话,用认真的表情催促着少女
戸惑いながらも滑らかに歌い上げる少女』 少女毫无疑惑地开始歌唱

「なんで忘れていたんだろう。 「为什么会忘记了呢。
歌うことって、こんなにも素晴らしいことだった……!」
唱歌、是多么美好的事情……!」

「この舞台のヒロインはやっぱりあなたね」「这个舞台的女主角果然是属于你的」

「何を言ってるの。ダブルキャスト。二人がヒロイン、でしょう?」
「说什么呢。Double cast。两个人都是主角,对吧?」
「ありがとう。でも、私はもういかなきゃ……」「谢谢。可我已经不行了……」

「あなたに出会えてよかった。歌い続けて、ずっと----」
「能遇见你真好。我想这么歌唱下去、一直----」

その言叶を残してリィサは 姿を消した 留下这些话的Risa 身影渐渐消失了
混乱しながら つまづきながらも 虽然在胡乱中夹杂着踌躇
彼女が眠っていたはずのベッドへと駆ける 她快步赶向她应该躺着的床边

けれど、辿りついたその时には 既に亲友は息を引き取っていて……
可到那里的时候,好友的呼吸已经停止……

いつだって横に立って いつまでも竞い合って 一直呆在一起 一直互相竞争
ずっと二人で歌っていける そう思ってた…… 想着两个人能够一直这么歌唱下去

『空に响くように、フィー。どうか歌い続けて----』
『Fii─你要继续歌唱,知道声音响彻天空』

『彼女が心臓の鼓动を止めたのは、ちょうど最后に『她心脏停止的时候,也正好是
言叶を交わしたはずの瞬间で。 传达最后话语的瞬间。
亲友は、死の间际まで少女のことを想っていた。 好友她,在弥留之际思念着少女。

责任という重い十字架を背负い、歌えなくなった少女を』
想念着那个背负着沉重十字架而无法歌唱的少女。』

「歌い続けて、ずっと……」 「请唱下去,直到永远……」

『その亲友の笑颜を胸に、少女は再び舞台に立つ。
『心里怀着好友的笑容,少女再次站上了舞台。

比类なき歌声は、远い国まで。そして、 无法比拟的歌声,传到了遥远的国度。

彼女がいるはずの空の果てまで响き渡っていた……』
传到了她理应所在的天空尽头……』



返回列表