返回列表 新主題
轉自 百度 少女病吧
http://tieba.baidu.com/p/995041259

06 无为な羽音が壊した明日
一握りの明日を 羽音がただ掻き消す 振翅声抹去了那本就渺茫的明天
散漫な思考 玲珑 暗を缠う理性【Raison】 散漫的思考玲珑般化为被黑暗缠绕着的理性(raison)
小さな终わりに 切り裂かれた 双翅在细小的落幕之时被切断
细い首筋强く缔め上げたまま 纤细的脖子被死死抓牢
黒く染まるセカイに 少女は记录されて…… 少女被这被染黑的世界所记录下来…

夺われたのはひとつだけ 它夺走的只是唯一
见てはならない 凄惨な赤 剩下的是不堪目睹的凄惨血红

継ぎ接ぎされたその记忆 确かなモノなどなにもない
零零碎碎的记忆里 没有任何真实的存在

真実は消え去った それは悲しい 自己の丧失 真相不再 那不过是自己在悲伤中丧失
何が本当で 何が嘘かもわからず崩れ落ちて…… 在土崩瓦解中已无力辨别真假

「记忆はただの记录でしかない。なら、书き替えちゃえばいいよね?」
「记忆不过就是记录。那么,重新写一遍就好了吧?」

『强い记忆は、更に鲜烈な记录で上书きしてしまえばいい。
『对于强烈的记忆,用更加鲜明的记录覆盖上就可以了。

彼女は、自らの言叶に何も疑问などないかのように微笑んでみせた』
她露出了微笑,似乎对于自己说出的话毫无疑问』

形骸化した日々に 羽音が无为に响く 形式般的每天 羽翼发出毫无意义的震动声
远い血縁を名乗る女 深渊な瞳 自称与我是远亲的女人有一双深邃的眼眸

私は彼女の何かをみた 我察觉到了她的某些不同
その时の记忆ならはっきりとある 虽然对于那时记忆深刻
忘れてはいないのに どこかが间违ってる 但却遗忘了什么 一定是哪里出了错

刻まれたのはひとつだけ? 铭刻下来的只有唯一吗?
自分の声も名前でさえも 我连名字和声音
挿げ替えたれたモノのようで すべてが虚ろに霞んでゆく
都被替代 原本全都在虚幻中隐去

心の ah… 病気だと 她为了让我安心


言い闻かされて宥められては 薬饮むまで见张られていた 告诉我那不过是心理的疾病 并且看着我喝下药


本当に病んでいるの……? 我真的生病了吗……?

手厚く看病してくれてる 彼女の事を    我想相信殷勤照顾着我的她
信じたいけれど 本能が受け付けない──── 可本能上我却无法接受

狂ってく…… 只能渐渐疯狂
夺われたのはひとつだけ 它夺走的只是唯一

彼女が私を缔め上げる记忆 薄くぼやけた死の臭い
她紧紧掐住我脖子的那份记忆 飘散着淡淡的死亡气味

首筋に残る赤い迹 最终化成颈项上红色的痕迹

真実がわからない 我不懂真相为何
薬を饮んで明日を迎えれば もっと自分が消えていきそうで

但若喝下这药明天自己就能消失于世
头を抱え込んだ 这么想着的我抱紧了自己的头颅

『断片的で不确かな记忆が少女を苛む。
『片段般不真实的记忆苛责着少女。

どこまでが本当の记忆で、どこからが植え付けられたものなのか。
哪里是真实的记忆,哪里又是被他人所移植进来的呢。

いっそのこと、全てをもう一度上书きできたなら────』
如果索性,全部可以重新写一遍的话────』



返回列表